ネットビジネス実践時においてテキストエディタは使う場面が多く必須のツールとなりますが、文字を書くことだけでなく、HTML/CSSやPHPなどのプログラミングコードを編集することも多々あると思います。

WindowsやMacには、デフォルトで搭載されているテキストエディタがありますが、こういったプログラミングコード記述するときにやや不便な思いをする時があります。

今回は、Wordpressのテーマ編集など、HTML/CSSやPHPをいじるのに最適なテキストエディタ『TeraPad』の使い方について解説しましょう。

 

WordPressテーマ編集するのに標準搭載のメモ帳ではダメ?

Windowに標準搭載されているテキストエディタ『メモ帳』。
Macでしたら『テキストエディット』ですよね。

別にこれらではダメということではないんですよ^^
ちゃんとテキストエディタとして使えるには使えます。
ただ、標準機能なので最低限の機能しか持っていないというだけなんです。

シンプルで軽く使いやすいので場合によっては重宝します。
例えば、ちょっとしたメモをするときや、メルマガなど文章を書く時は非常に使いやすいですね。

しかし、一つだけ要注意しておきたい使い方があります。
それは、html/cssなどのコードを書くとき。

『メモ帳』でHTML/CSSのコードを貼り付けてみると、エディタ画面にはコードしか書かれていません。

比較してみると

Windows標準搭載のメモ帳TeraPad

TeraPad
TeraPad

 

ご覧のとおり、TeraPadのエディタは、コードの他にも、改行、EOF、行番号などの情報が表示されています。

通常の文章ならこれらは特に必要はありませんが、コードを記述するときにはこれがないとかなり煩わしい思いをすることになります。

HTMLコードは半角スペース、全角スペースの区別がしっかりとされており、うっかり間違えて全角スペースで記述してアップデートしてしまうと、サイトが真っ白になるという憂き目にもなりかねません。
しかも、目視では全角なのか半角なのか分からないため、一体どこがおかしいのか分からずその対処に膨大な時間を費やしてしまうこtもしばしばです。

改行情報もしっかりと表示されていたほうが、改行が本当にきちんとされているのか、スペースで次の行に移っているだけのようなミスを防ぐことができます。

TeraPadは高性能なテキストエディタの中でも軽く使いやすいですので、もしあなたの作業環境がWindowsなのならば、ぜひインストールしておくことをオススメします。

ちなみに、Mac版には対応していません。
2016年4月現在は、Windows10にはまだ対応していないようです。

TeraPadのインストール

1. ダウンロードする

それでは、早速TeraPadをダウンロードしていきましょう。

こちらからインストーラーをダウンロードしていきます。

TeraPad
対応OS:Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8

ページの中ほどの『ダウンロード』というところに、

tpad***.exe (776KB)

というリンクあるので、こちらからダウンロードしてください。

Terapad

 

2. インストールする

ダウンロードしたインストーラーWクリックして、インストールを開始します。
インストールは非常に簡単で、流れに沿って『次へ』をクリックするだけです。

『次へ』。
TeraPad インストール

『次へ』。
TeraPad インストール

インストール先を確認してから、『次へ』。
※インストール先を変更する場合は『参照』をクリック。

TeraPad インストール

『はい』を選択してフォルダを選択。

TeraPad インストール

『次へ』。

TeraPad インストール

インストール完了。

TeraPad

 

デスクトップ上にこちらのショートカットアイコンが作成されています。

Terapad

これをWクリックして立ち上げてみると、初期画面はこのような画面になっています。

Terapad

Terapadの使い方

1. ファイルの新規作成と保存

ファイルの新規作成と保存は、『メニュー>ファイル』から行います。

1697_8

 

HTML/CSSなどを入力したり貼り付けたりするとき、『メモ帳』のように全角スペースなのか半角スペースなのか分からないと不便なので、全角スペースを入力したときにマークされるように設定しましょう。

『メニュー>表示』から『オプション』を選択します。

1697_9

 

オプション画面が開いたら『表示』タブの『マーク』の中に、『全角空白』という項目があるので、このチェックボックスにチェックを入れます。

Terapad

すると、全角スペースが入力された時に、四角のマークが表示されるようになります。
これで、うっかり全角スペースを入力してしまってもすぐに目視で確認できるので安心ですね。

2. 文字コードをHTMLに

さらに、今の状態では文字入力に適したモードになっているので、これをHTML/CSSなどのコードに適するように変更してみましょう。

メニュー>ファイルから『名前を付けて保存』を選択します。

Terapad

最初の状態ではファイルの種類は『テキストファイル』になっていますが、これを『HTMLファイル』に変更します。
ファイル名は適当な名前を付けて、保存場所を選び、最後に『保存』をクリックしてください。

すると、エディタ画面の下部の表示が『SJIS』から『HTML』に変わります。
これは、「このテキストファイルの文字コードはHTMLの記述形式で作成されています」という意味です。

文字コードをHTMLモードに変更すると、HTMLタグを入力するとタグが青字で表示されるようになります。
非常に分かりやすいですね。

TeraPad

3. HTML/CSSの記述をブラウザに表示して確認

HTML/CSSで記述したコードをサーバーに反映させる前に、ブラウザで見たときにどのように見えるのかをこのエディタ上で確認することができます。

ツールバーにある【Internet Explorer】または【FireFox】のアイコンをクリックするとブラウザが起動して、コードのプレビューができます。

Terapad