サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

ネットビジネスでサイト運営を長くやっていくと、一つのドメインで複数のサイトを作りたい場合が出てくることもあるかと思います。

運営しているサイトがアドセンスブログの場合は、1サイトにつき新たにドメインを取得した方が良いですが、情報発信サイトなどの場合、メインサイトに関連性のあるサイトをテーマに分けてシリーズ化したり、カテゴリー別に細分化したい、という場合に一つのドメインで複数のサイトを作ることができます。

複数サイトを作成するには、『サブドメイン』と『サブディレクトリ』という2つのやり方があるようです。

当記事では、サブドメインとサブディレクトリのSEO観点からの違いや、それぞれのエックスサーバーでの取得方法について解説します。

 

サブドメインとサブディレクトリの違いについて

メインサイトに対して複数のサイトを作るには『サブドメイン』と『サブディレクトリ』という2つの作り方があります。

これは単に名前や形式の違いだけではなく、性格(意味合い)やSEO的観点からも違いがあります。
ですので、これらを理解してしっかりと使い分けしていく必要があります。

以下、それぞれ解説していますので、こちらを読んでどちらがあなたがこれから作るサブサイトに適しているかを考えてみてくださいね^^

形式的な違い

■□サブドメイン

http://subdomain.nacostyle.com

ルートドメイン(nacostyle.com)の前に任意の文字列が追加された形が、ルートドメインに対しての『サブドメイン』となります。

※大手サイトの例 楽天の場合
http://www.rakuten.co.jp/ →楽天市場
http://travel.rakuten.co.jp/ →楽天トラベル
http://books.rakuten.co.jp/ →楽天ブックス

 

■□サブディレクトリ

http://nacostyle.com/subdirectory/

ルートドメイン(nacostyle.com)の後に/(スラッシュ)で句切られた任意の文字列が追加された形が、ルートドメインに対しての『サブディレクトリ』となります。

※大手サイトの例 価格.comの場合
http://kakaku.com/ →価格ドットコム
http://kakaku.com/pc/ →パソコン
http://kakaku.com/kaden/ →家電
http://kakaku.com/camera/ →カメラ

性格的な違い

サブドメインとサブディレクトリは形式的な違いだけではなく、意味合い的な違いもあります。

 

■□サブドメイン

ルードメインのメインサイトのテーマに対して、ジャンルや属性が異なる場合。

※楽天の場合
同じ楽天というグループの中で、『楽天トラベル』『楽天ブックス』など派生させているが、それぞれのサイトの扱うジャンルが異なり独立している。

 

■□サブディレクトリ

ルートドメインのメインサイトのテーマをより細分化させた同一のジャンルテーマを扱う場合。

※価格.comの場合
価格比較というメインのテーマ性と同じく、『パソコン』も『家電』も『カメラ』価格比較を扱っている。ジャンルが同じ。

SEO的な違い

■□サブドメイン

サブドメインはテーマ性が独立したサイトという性格を持ちますが、SEOの観点からもルートドメインの影響を受けず、Goolgeも一つの独立したサイトであると認識しています。

つまり、新規のサブドメインにはメインサイトのドメインパワーも受け継がれず、被リンクがついてもルートドメインに蓄積されません。

ただし、どちらかがペナルティを受けた場合にも、そのどちらかに影響が及ぶこともありません。

 

■□サブディレクトリ

サブティレクトリはルートドメインのテーマを継承しているという性格から、SEOの観点からもルートドメインのSEO効果の影響を大きく受けます。

つまり、新規のサブディレクトリでもメインサイトのサイトパワーを受け、サイト立ち上げから上位表示という可能性もあります。

また、被リンクがついた場合もルートドメインにリンクパワーが蓄積されていきます。

ただし、ルートドメインがペナルティを受けると、サブディレクトリも一緒に飛ばされます。

エックスサーバーでサブドメインを作成する手順

それでは、エックスサーバーでサブドメインを取得する手順を解説します。

 

1. エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

 

エックスサーバーの公式サイトからログイン後、インフォパネルに入り、『サーバーパネル』にログインします。

 


2. 『サブドメイン設定』を選択

サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

 

① 画面左下の『設定対象ドメイン』から、サブドメインを作成するドメインを選択し、「設定する」をクリックします。

② 画面右上の「現在の設定対象ドメイン」が、選択したドメイン名になっているのを確認したら、ドメイン項目の『サブドメイン設定』をクリックしてください。

 


3. 『サブドメインの追加設定』をクリックサブドメイン,エックスサーバー,取得方法

『サブドメインの追加設定』をクリックします。

 


4. サブドメインの追加(確認)

サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

『サブドメイン』という項目に、サブドメインを入力し、『サブドメインの追加(確認)』をクリックします。

サブドメインは半角英数字30文字以内で入力してください。
コメントは『○○用』などのメモ書きで利用できます。(任意で)

 


5. サブドメインの追加(確定)

サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

サブドメインが間違っていなければ、『サブドメインの追加(確定)』をクリック。

 


6. 完了

サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

これで、サブドメインの取得は完了です。

サーバーに設定が反映されるまで半日程度、とのことなので、しばらく待ちます。
早ければ2,3時間で反映されますが、2日程度かかる場合もあります。

反映されているかどうかは、URLをブラウザに入力して調べてみてください^^

エックスサーバーにサブディレクトリをインストールする手順

次は、エックスサーバーでサブディレクトリにWordpressをインストールする手順です。

 

 1. エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

こちらもまず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインしましょう^^

 


2. 『自動インストール』を選択

サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

 

① 同じく、画面左下の『設定対象ドメイン』から、サブドメインを作成するドメインを選択し、「設定する」をクリックします。

② 画面右上の「現在の設定対象ドメイン」が、選択したドメイン名になっているのを確認したら、ホームページ欄の『自動インストール』をクリックしてください。


3. 『プログラムのインストール』で必要事項を入力

サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

 

必要事項を入力します。

インストールURLこの入力欄の部分が『サブディレクトリ』になります。
後から変更することはできません
ブログ名サブディレクトリのブログ名。(後から変更可能)
ユーザー名ユーザー名(後から変更不可)
パスワードパスワード(後から変更可能)
メールアドレスメールアドレス(後から変更可能)

『インストール(確認)』をクリックすると、次の画面で入力事項の確認画面が表示されまます。
これで問題がなければ、『インストール(確定)』で進めてください。

 


4. 完了

サブドメイン,エックスサーバー,取得方法

 

これでサブディレクトリの取得は完了です!

サブディレクトリの管理画面は

http://ルートドメイン名/サブディレクトリ名/wp-admin/

となり、インストールが終わったらすぐにアクセスできます^^