ちまたには画像編集ソフトが数多くありますが、有名どころはPhotoshopというところでしょうか。

たしかに素晴らしい機能も豊富に揃い、画像編集で出来ないことはないことはないくらい秀逸なツールですが、少々お高いですしそんなにたくさんの機能はいらないから手軽にできるものがいい、と思う時もあります。

今回はPhotoscapeという完全に無料で使える画像編集フリーソフトについてご紹介いたします。
これさえ覚えておけば記事作成における画像編集はほとんどOKな主要な使い方についてもご説明しますね。

 

画像編集ソフトPhotoscapeとはどんな用途で使うのに向いている?

Photoscapeは、直感的な操作が可能な画像編集ソフトで、

  • リサイズ加工する
  • 切り抜く
  • 文字や矢印などの図形を入れる
  • フレーム(枠)を入れる
  • モザイクをかける

などの加工が容易に行えるツールです。

画像編集ソフトというと、PhotoshopやGIMPなど機能が豊富で高度な処理が行えるソフトもありますよね。

REF:画像編集ソフトGIMPとは?ダウンロードやインストール方法と活用術

 

記事作成などの際ちょっとトリミングしたいだけだからわざわざそんな高機能なソフト立ち上げるまでもないなーと思うこともあります。
かといって、Windowsにデフォルトで搭載されている画像ソフト『ペイント』では物足りない・・

そんな時は、このPhotoscapeが非常に役立ちます。

Photoscapeは非常にインターフェースが直感的で非常に軽快な操作感があります。
同じ作業単位で比較してみると、他のツールの場合と比べて作業完了までの時間が早い印象です。
ササッと立ち上げて、サクッと処理してしまえるようなスピード感がありますね。

ですので、私はトリミングやリサイズといったようなライトな作業の時は、特にGIMPやPhotoshopを立ち上げることなく、このPhotoscapeを使用しています。

ただし、Photoscapeは高度な編集機能は備えてはおらず、『レイヤー』には対応していません。

できることの範囲は限られますが、直感的な作業がササッとできる点は非常に便利ですね。
記事作成に使う画像編集であれば、このぐらいのシームレス感は欲しいところなので、主にこちらのツールを使って作業していくといいでしょう。

 

Photoscapeのダウンロード

ではまず、なにがともあれPhotoscapeをダウンロードしましょう。

PhotoscapeはWindowsとMacの両方に対応しています。

DOWNLOAD: Photoscape(Windows)
DOWNLOAD: PhotoScape X(Mac)

インストールファイルがダウンロードできたら、指示に従ってインストールを進めます。

途中『「無料のGoogleツールバーとPhotoScapeをインストール』が出てきたら、これはオプションのインストールになりますのでチェックは外しておいてください。

Photoscapeの使い方

Photoshopがインストールできたら、自動的に起動します。

するとこのような画面が表示されますね。
この円になっているメニューの中から『画像編集』のアイコンをクリックします。

photoscape,使い方

 

『画像編集』画面が立ち上がったら、編集したい画像をキャンバスに表示しましょう。

右側のカラムは、ディレクトリを表しています。
上段から編集したい画像が入っているフォルダを探し、下段のフォルダの中身から画像を見つけたら、中央のキャンバスにドラッグ&ドロップしてください。

photoscape,使い方

 

これで、加工の準備ができました。
早速いろいろな方法で画像を編集していきましょう!

サイズ変更

画像サイズの変更(リサイズ加工)は利用する機会が多いと思います。

画像キャンバスの下にある『ホーム』タブから『リサイズ』を選択。

photoscape,使い方

 

そして、このように何ピクセルにリサイズするのかを指定していきます。

photoscape,使い方

 

幅または高さ欄に数字を入力すると、オリジナル画像のアスペクト比を保持する形で自動的に数値が調整されます。
もし、縦横比のアスペクト比を自由に変更したい場合は、『アスペクト比を保持』のチェックを外してから数値を入力してください。

トリミング

トリミングも非常に使用頻度の高い機能でしょう。

『トリミング』タブを選択したら、画像のトリミングしたい範囲をドラッグして選択します。

photoscape,使い方

 

範囲が選択できたら、グレーアウトされていた『トリミング』ボタンが有効になります。
そしてこの『トリミング』ボタンをクリックすれば選択範囲で切り抜かれます。

フレーム(枠)入れ

画像にフレームを入れたいこともあるでしょう。

画像に枠線を入れるには『ホーム』タブから『余白』を選択します。

photoscape,使い方

 

『余白』ダイアログで、枠線の色と枠線の太さを指定します。

photoscape,使い方

文字入れ

画像に文字を入れることもPhotoscapeでは非常に簡単にできます。

『オブジェクト』タブの中のツールボックスから『テキスト』(『T』アイコン)をクリックします。

photoscape,使い方

 

『テキスト』ダイアログでは、画像に挿入したいテキスト情報を設定しましょう。

photoscape,使い方

 

まず一番上の広い欄には実際に表示する文言を入力します。
そして、その下のテキスト欄からはフォントの種類、フォントサイズやフォントの色を設定します。

その下の『アウトライン』や『シャドウ』で、文字に縁取りをつけたり影落としをつけたりすることもできます。
いろいろ試してみてくださいね^^

モザイク加工

見せたくない部分がある時はモザイク加工もよく利用しますね。

こちらは『ツール』タブの『モザイク』から設定できます。
モザイクのサイズは、『低』『中』『高』から選択できます。

photoscape,使い方

モザイクのサイズを決定したら、キャンバスの画像のモザイクをかける範囲をドラッグして指定します。

photoscape,使い方

 

モザイク処理も非常にカンタンですね^^

保存

最後に加工した画像を保存します。

『保存』ボタンをクリックして・・

photoscape,使い方

 

『保存』ダイアログで保存するだけです^^

photoscape,使い方

たとえばオリジナルがjpg画像だけどpngで保存したいという時など画像のファイル形式を変更して保存したいときは、『名前をつけて保存』を選択してください。

保存ダイアログで、ファイル形式を選べるので別の形式で保存できるようになります。

画面キャプチャもできる!

Photoscapeでは画面キャプチャもできます。

最初の画面(上部の『PhotoScape』タブをクリックする)に戻ると、円形のメニューの中に『スクリーンキャプチャ』という項目がありますね。

photoscape,使い方

 

これを選択すると、

  • 全画面キャプチャ
  • ウインドウキャプチャ
  • 領域をキャプチャ
  • 最後のキャプチャをリピート

からキャプチャの種類を選ぶことができます。

キャプチャ後はPhotoScapeのエディタで直接開くこともできます。

わざわざキャプチャソフトを立ち上げ直ししなくていいところも、お手軽でいいですね。

 

まとめ

このように、PhotoScapeを使うと画像処理の作業が非常にラクになります。

たしかに画像処理ソフトとして高度な処理はできませんが、記事作成で使う画像であれば十分な機能を備えており、何よりも操作がとてもカンタンだというのがいいですね。

たとえ、PhotoshopやGIMPなどの画像編集ソフトを持っていたとしても、ブログ運営でコンテンツ作成するのであればPhotoScapeも導入しておくといいでしょう。

用途によって切り替えて使うのがオススメです。