AddQuicktag

記事作成時、何度も同じHTMLタグや定型文を使うことがよくありますよね。
その度に同じ内容を入力していくのはとても手間なので、登録しておくことができればいいのに、と思ったことはありませんか?

AddQuicktagは、まさにそんなニーズにぴったりのプラグインです。

WordPressのエディタツールにあらかじめタグや定型文を登録しておくことができ、ボタン一つで呼び出すことができるようになります。

投稿画面には、ビジュアルエディアとテキストエディタがありますが、両方で利用できる、というのも非常に便利ですね。
これを導入すると、記事作成の作業効率化ができるようなりますので、ぜひ使ってみるといいですね。

 

 

AddQuicktagインストール

それでは、早速AddQuicktagをインストールしていきましょう。

ダッシュボードメニュー>プラグイン>新規追加

から、AddQuicktagを検索して、『今すぐインストール』をクリックします。

1881_2

インストールが完了したら、有効化まで進めてください。

 

Ref)

WordPressプラグインをインストールする3つの方法と有効化

 

 

AddQuicktag の設定

AddQuicktagを有効化したら、メニューの設定のところに『AddQuicktag』という項目が追加されています。

ダッシュボードメニュー>設定>AddQuicktag

まず、ここからAddQuicktagの設定を行っていきましょう。

 

クイックタグの追加と削除

1881_3

最初の項目『クイックタグの追加と項目』では、タグを登録します。
ここにタグを登録しておけば、投稿画面でボタンが追加され、利用できるようになります。

タグや定型文を登録するには、次のように入力してください。

ボタン名 ここに入力した文字のボタンが作成されます
開始タグ 開始タグ(または定型文)を入力
終了タグ 終了タグを入力(定型文の場合は空欄でOK)
チェックボックス AddQuicktagを表示させたい場所にチェック

<注意!>
チェックボックスが一つも入っていないとボタンが表示されません。

 

Remove Core Quicktag buttons

1881_4

『Remove Core Quicktag buttons』では、デフォルトで装備されているタグボタンを非表示にできます。

特に頻繁に使わない機能を非表示にすることで、最もよく使うボタンにいち早くアクセスすることができるようになりますね。

非表示にしておきたいタグにチェックを入れて、『変更を保存』をクリックすれば設定完了です。

 

Enhanced Code Quicktag buttons

1881_5

テキストエディタで、改行や半角スペースを入力したときに、いくら繰り返しても1行分や1スペース分しか空けられませんよね。

そんな時に使えるのが【pre】タグです。
このタグを使用すると、改行や半角スペースも打ち込んだとおりに表示できるようになります。

【htmlentities】タグは、記事内でHTMLタグを表示したい時に利用します。

例えば、

<h2>見出し</h2>

と記述すると、通常はタグで囲まれた文章は見出し2として設定されますよね。

もし、記事中に見た目のまま、<h2>見出し</h2>と表示させたい場合は、この【htmlentities】タグを利用します。

 

 

エクスポートとインポート

1881_6

AddQuicktagで登録したタグを他のWordpressでも同じ設定で使用する場合、『エクスポート』を利用します。
『エクスポートのファイルのダウンロード』をクリックすると、【addquicktag.-mm-dd-yyyy.json】というファイルがダウンロードされます。

そして、このエクスポートファイルを『インポート』することで、設定を同期させることが可能です。
『ファイルを選択』から、エクスポートファイルを選択しアップロードしてください。

最後は、『変更を保存』ボタンのクリックも忘れずに。

 

 

AddQuicktagの使い方

登録が終わったら、投稿画面でAddQuicktagを利用してみましょう。

例として、AddQuicktagの設定で文字列を中央揃えするタグを登録してみます。

1881_7

エディタ画面のツールボックスを見てみると、『中央揃え』というボタンがビジュアルエディタ、テキストエディタともに追加されています。

次のように、中央揃えしたい文字列を選択し、このボタンをクリックすれば登録したタグが付加されます。

<ビジュアルエディタ>1881_10

<テキストエディタ>1881_11

 

これまでは、タグをつけるためにテキストエディタに切り替えてやっていた作業も、切り替えナシでビジュアルエディタで編集できるようになる点も非常に便利ですね!

記事作成のスピードアップのためにもぜひ導入してみてください。