アドセンス収益に関連する重要な3つの要素、それは『アクセス数(PV数)』と『クリック率(CTR)』と『クリック単価(CPC)』です。
実際アドセンスブログを運営している実践者の方は、日々この3つの数字を特に注意して見ていると思います。

アドセンスブログで10万円を目指している方にとって、いったいどのぐらいの数字をとれるようになれば月収10万円という目標値に到達できるのかを明確にしておきたいかもしれません。

そこで当記事では、月収10万円を達成するのに必要なPV数、CTR、CPCの要素について考察してみました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

アドセンス収益額の計算式

ではまず、アドセンスの収益が算出される仕組みを考えてみましょう。

アドセンスの収益の計算式は次のようになります。

収益額 = クリック数 ✕ クリック単価(CPC)

クリック1回あたりの単価に対して、それが何回クリックされたかということですね。

クリック単価(CPC)は、配信される広告に割り当てられた単価になりますが、このパラメータは私たちサイト運営者側が決めることができません。
そして、時期や状況にも影響を受けやすく変動しやすい要素です。

ですので、報酬額を実質的に左右していくのは『クリック数』の部分だと考えてください。

 

『クリック数』とは次の式で表されます。

クリック数 = アクセス数(PV)✕ クリック率(CTR)

つまり、あなたが報酬額を上げていくには、『アクセス数(PV)』と『クリック率(CTR)』の向上に注力していく必要があります。

アドセンスで月収10万円達成に必要なアクセス数(PV数)の目安

アクセス数(PV数)は、アドセンスで収益を上げていくために最も注力いくべき要素です。
アドセンスはクリック報酬型広告であることから、たくさんのアクセスを集め収益を

それでは、アドセンス広告で月収10万円の収益を得るのに必要なアクセス数(PV数)とはどのぐらいになるのかを考えてみましょう。

1日あたりの報酬額

1ヶ月を30日とすると、月収10万円達成に必要な報酬額は次のようになります。

100000円 ÷ 30日 ≒ 3333円

1日約3300円の報酬水準になれば月収10万円です。

1ヶ月あたりのPV数

前述のように収益額は、『PV数✕CTR✕CPC』で決まります。

トレンドアフィリエイトの一般的な水準として、

クリック率 =  1%
クリック単価 = 25円(平均値)

であることから、これを仮定して10万円に必要なPV数を計算すると、

PV数 = 収益額 ÷(クリック率 ✕クリック単価)
PV数 = 100000円 ÷ ( 1% ✕ 25円)= 400000PV

つまり、1ヶ月に40万PVあれば10万円達成ということになります。

1日あたりのPV数

それでは1日あたりではどのぐらいのPV数が月収10万円の目安となるのでしょうか。

1ヶ月に40万PVあれば良いということは・・

PV数/1日 = 400000万PV(1ヶ月) ÷ 30日 ≒  13333PV

よって、1日のアクセス水準が13000PVとれるようになれば月収10万円レベルということになりますね。

クリック率(CTR)の目安

クリック率(CTR)も収益に直結するパラメータで、これもサイト運営者側の施策で向上の余地があるのものです。
アドセンスの平均的なクリック率を知っておくことは、あなたの収益のパフォーマンスがうまくいっているのかそうでないのかを判断する目安にもなりますよね。

クリック率とは、広告が表示された回数のうち何%が広告をクリックしたのかを表すパラメータです。
つまり、そのページに訪れたユーザーがどれだけたくさん広告をクリックしてくれたのか、ということですね。

具体的には、

クリック率が1%の場合、100アクセスのうち1回がクリックされた
クリック率が0.5%の場合、200アクセスのうち1回がクリックされた

ということになります。

クリック率(CTR)は運営しているサイトの性質によって大きく変わってきます。

サイトがある特定の分野に特化している場合はクリック率が高くなる傾向があり、芸能を扱うごちゃまぜ系のトレンドサイトはクリック率が低くなる傾向があります。

なぜなら、パソコンやガジェットの新製品に特化しているサイトの場合はより購買意欲が高いユーザーが集まったり、趣味関連で特化させると訪問するユーザーもその分野に興味のあるユーザーが集まるので、コンテンツマッチ広告で配信される広告に目が向きやすくなるからです。

対して、芸能系情報を欲するユーザーは特に目的もなくインターネットで検索していることが多く広告に関心が向きにくいです。

トレンドアフィリエイトのクリック率は1%が目安と言われており、1%あればまずOKと判断しても良い水準でしょう。
たしかに芸能を扱うごちゃまぜトレンドはクリック率は低めになりますが、その分膨大なアクセスでカヴァーしていけばいいのです。

クリック率を上げる施策についてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね^^

REF: Googleアドセンス広告のクリック率(CTR)を上げる5つの方法と目安について

クリック単価(CPC)はいくらあればいいのか

前述でもお話したとおり、クリック単価(CPC)はこちらで決めることができない要素です。
つまりコントロールできないパラメータということですね。

『クリック単価(CPC)』は、どのような広告が表示されるかによって変動し、1日の平均単価もその日によって違います。
アドセンス広告は、コンテンツマッチ広告であることから、サイトが扱っているコンテンツの内容に沿ってどんな広告が配信されるかが決まるため、サイトが扱っているジャンルにも大きく左右され、一概にいくらと決まっているものではありません。

概して、広告される商品の1契約あたりの利益額が大きいもの(ダイエット関連、不動産、金融)などは単価が高く設定される傾向があります。
トレンドアフィリエイトなどのごちゃまぜ系ブログで芸能を扱ったコンテンツの場合、CPCは比較的低めになります。

このように『クリック単価(CPC)』に関しては広告主の意向が深く関わる部分となり、時期や状況によっても変動が大きい要素です。

またユーザーの行動によっても、クリック単価が変動することがあります。
クリックした広告先で購買などのアクションに繋がれば単価は高くなっていくということも起こりえます。

これらを踏まえて、アドセンスのクリック平均単価は約20~30円と考えておけばいいでしょう。

ちなみに私の特化サイトは40円を越すことも頻繁にありますが、トレンドブログで大爆発時の単価が18円しかなかったこともしばしばありました。

クリック単価に関しては、こちらでコントロールできる要素ではないので、アクセス数を伸ばすことに注力していった方が得策ですね^^