トレンドアフィリエイトでアクセスを集めるためには、ほぼ『キーワード選定』を極めればいい、といっても過言ではありません。

トレンドアフィリエイトのみならず、検索エンジンからのアクセス流入を狙うブログ集客を行うには、この『キーワード選定』の上手いか否かで勝敗はハッキリと分かれるでしょう。

ブログ集客では、サイト訪問者の大半の検索エンジンから流入してくるので、検索エンジンで検索されるようなキーワードでタイトルを付けていくという意識を持つことは非常に重要です。

検索ユーザーは何のために検索エンジンを使って『検索』という行為をするのか、というと、一言でいうならば『検索エンジンに質問をしている』のです。

ですので、あなたが提供するコンテンツは、この検索ユーザーの質問に対する『解』となるような内容を提供すればよいのですが、『キーワード』とは言い換えると検索ユーザーの『質問』そのものである、ということができます。

当記事では、ブログにアクセスを呼び込むキーワードの選定のテクニック『ずらし』について解説していきます。

この『ずらし』は、検索ユーザーの『質問』を意図的に掴んでいくという、トレンドアフィリエイトにおいて非常に重要なテクニックとなっていくので、しっかりとマスターしておきましょう!

 

キーワード選定の『ずらし』とは何をずらすのか

この『ずらし』という言葉は、トレンドアフィリエイト手法におけるメジャーな業界用語となっていますが、『ずらし』とは何をずらすのか、というところを考えてみましょう。

トレンドアフィリエイトで扱うネタは、トレンド、つまり今現在話題となっているネタですよね。
例えば、芸能人、番組名、流行しているモノのような、圧倒的大多数が同じ方向に関心を持つようなものです。

こういった爆発的なアクセスを呼び込むネタは、たいていの場合、ネットのニュースサイトからの発信が引き金になって発生することが多いです。

例えば、あなたがYahoo!ニュースの記事を見た時に、その事柄について、

『へぇ〜!』
とか
『え・・?これってどういうことなんだろう!?』

と思ったことがあると思います。

Yahoo!のニュースサイトですと、月間100億PVというアクセス数がある巨大なマーケットですから、ここに掲載された記事ネタというのはそれだけ多くの人の目に触れているということですよね。

こんな巨大なマーケットにそれだけ巨大な数の『へぇ〜!』や『これってどういうこと!?』という関心が生まれるということになります。

『ずらし』とは、まさにこの部分のことです。

つまり、今話題になっているネタから生まれた『次の関心』を捉えていくことが『ずらしテクニック』の基本となります。

ですので、選定するキーワードも、今話題になっているネタから生まれた『次の関心』というニーズを満たすようなキーワードを選定していく必要があります。

トレンドアフィリエイトで『ずらしテクニック』を使うべき理由

『ずらし』を使うべき理由は、ただ一つ、

そのままでは競合に勝てないから

これに尽きるでしょう。

ニュースサイトのネタ元、つまり1次情報と同じキーワードを使って記事を書く、ということは、その1次情報のサイト元と競合する、ということを意味します。

トレンドサイトの記事ネタは、『トレンド』を扱うことから、ほぼネタ元は大手マスコミやニュースサイトになっていくと思いますが、トレンドアフィリの鉄則として、絶対にこれらの大手サイトと競合してはいけません。

大手サイトが軒並み検索結果の上位を占めるようなキーワードで一生懸命記事を書いても、アクセスの集まらない残念な記事になってしまうことは目に見えていますよね。

 

ですので、あなたが注力しなければいけないところは、その1次情報に触れたネットユーザーが、次はどんなキーワードで検索するだろうか、と考えることです。

ネットユーザーがどのような心理になって『検索』という行動に至るのかを考えてみると、こうです。

  1. Yahoo!ニュースやライブドアニュースなどの大手サイトで、ニュースの内容に関心を持つ
  2. そのニュースのメインとなる人物や事柄について、そのニュースから得た関心を膨らませたり、そこから湧き出てきた疑問について知りたくなる。
  3. 『ネタ元のメインキーワード+関連キーワード(ネタ元から生まれた関心や疑問)』で検索

ですので、ネタ元の1次情報のキーワードで記事を書いても意味がないのは、大手サイトと被るというだけでなく、すでに知っている情報なのでそもそもその時点で検索ニーズがない、ということにもなりますね。

 

『次の関心』→需要高
『大手サイトと被らないキーワード』→ライバルなし(弱い)

というキーワード選定の必勝公式に当てはまるので、あなたのブログが上位表示を獲得しアクセスを集めていけるということになるのです。

『ずらしテクニック』のやり方やコツ

『ずらし』のずらし方は、主に下記の2つのやり方があります。

関連キーワードをずらす

速報記事でアクセスを取っていく場合これが一番良く使うやり方かもしれません。

これは、ネタ元となる話題のメインキーワードに対して、関連キーワードをずらすというものです。

例えば、とても分かりやすい例を挙げると、このようなものです。

『女優AとジャニタレBが熱愛スクープ!年齢差20歳』

このような報道がされた時、決して

『女優AとジャニタレBが年の差20歳の熱愛か?』

のようなタイトルで記事を書いてはダメです・・。(そのまますぎますね。)

つまり、

メインキーワード=女優A または ジャニタレB
関連キーワード=熱愛

というように、1次情報とまったく被ってしまうと大手サイトと競合してしまいますよね。
そうではなくて、この『関連キーワード』をずらしていきます。

このニュースからは、

・AとBの出会いは?共演のドラマってなんだっけ?
・そういえばAって俳優Cと付き合ってたよね?どうなったのかな?
・AとBの結婚の可能性は?うまくいくのかな?
・Bの恋愛観てどんななんだろう?
・てゆうかよくジャニーズが恋愛許可したよね?

などどいろいろな『次の関心』が生まれていきますよね。

これらの『次の関心』をキーワードにしてタイトルを作成するとこうなります。

女優AとジャニタレBの出会いのきっかけはドラマ共演か?

つまり

メインキーワード=女優A または ジャニタレB
関連キーワード=出会い きっかけ ドラマ 共演

というように、『次の関心』に沿って関連キーワードをずらすことができますよね。

このようにしてメインキーワードに対する『次の関心に』アタックしていくことができるのです。

メインキーワードをずらす

こちらはテーマとなっているメインキーワードをずらすというやり方です。
メインキーワードをずらすということは、テーマそのものをずらしてしまうという大胆な手法ですね。

がしかし、これが上達するとトレンドアフィリエイトだけではなく、物販アフィリエイトなどの集客にも非常に有効になっていきます。(というか必須ですね。)

例えば、毎年夏には必ず『海水浴』というキーワードで検索需要が伸びます。

メインキーワードをずらすとは、『海水浴』へ出かけようと考えている人が他に考えていること、を洗い出していくのです。

・海水浴場でバーベーキュをしたい
・海水浴場の近くでキャンプも楽しみたい
・デートで海水浴に行くけど水着はどれにしようか
・海水浴で日焼けしたくない!いい日焼け止めはないかな?

この場合は、具体的にどんな属性の人が『海水浴』に関心があるのかをターゲッティングしていくといいでしょう。(ex ファミリーなのか、学生なのか、社会人なのか)

海水浴へ出かける人が関心を持っている他のことを洗い出していくと、このようにいろいろ出てきますよね。

メインキーワードをずらすとは、『海水浴』から『バーベーキュー』、『キャンプ』、『水着』、『日焼け止め』のように、メインテーマ自体をずらすということです。

ですが、これらのキーワードを検索する人は、『海水浴に関心のある人』です。

このようにメインキーワードの周辺からアタックするという『ずらしテクニック』は、専門サイトなどでも非常に役立つ手法になっていくでしょう。