Fetch as Google(フェッチ・アズ・グーグル)というツールを使って、Googleの検索結果にあなたが更新したブログ記事をインデックスさせる時間を短くすることができます。

Fetch as Googleは、Google Search Consoleの機能の一つで、名前のように『Googlebot(Googleのクローラー)を呼びに行く』というものです。
(Fetchは『呼んでくる』とか『呼びに行く』という意味)

なんのためにGoogleのクローラーを呼んでくるのかというと、あなたのサイトの記事をクローリングしていち早くインデックスしてもらうため。
これによって、ただ受動的にクローリングしてくれるのを待つのではなく、こちらからクロール依頼をかけることができる、ということなのです。

運営歴が長く更新頻度も高いサイトだと、頻繁にGooglebotが巡回してきてくれていますので、およそ数分から長くても1時間程度でインデックス化されています。

ところが、更新があまりされていないサイトや立ち上げたばかりの新しいサイトには、クローラーの足が遠のいており、巡回にくる頻度が少ないため、記事を更新したのに、検索エンジンの検索結果になかなか反映されない・・ということが起こりうります。

これでは、せっかく記事を更新したのに、検索結果に反映されていないためにアクセスを取り逃がすことになりかねませんよね。
そうこうしているうちにライバルサイトにアクセスを取られてしまう、という致命的な状態になることもあります。

このような場合でも、あなたのサイトの記事をいち早くGoogleのデータベースに登録され、検索結果に反映してもらうために、Fetch as Googleがとても役立ちますので、ぜひ積極的に活用していきましょう!

 

Fetch as Googleの主なメリットと有用性

Fetch as Googleを使用するメリットは、主に次の2つです。

  1. 記事が瞬時にインデックスされる
  2. Googlebotからどのようにページを認識されているか確認できる

それぞれ、詳しく説明していきましょう^^

瞬時にインデックス

インデックス化、つまりGooglebotがあなたのサイトを巡回しに来て、更新情報を取得し、それをGoogleのデータベースに登録するという流れを経て、記事が検索エンジンの検索結果に表示されるようになります。

なので、あなたが記事を更新したならば、検索結果にいち早く表示されるために、まずはなにがともあれGooglebotに巡回して来てもらわなければいけないんですね。

ところが、記事を更新したからといってタイミングよくGooglebotがあなたのサイトの更新情報を見つけてくれるとは限りません。

クローラーがサイトを巡回する頻度やタイミングは、個々のサイトによってまちまちで、頻繁に巡回に来るサイトもあれば、なかなか巡回しにこないサイトもあります。
サイトによって更新頻度が異なるので、当然クローラーの巡回頻度も変わってくる、というわけです。

更新頻度が高く、運営歴が長いサイトはGoogleからの評価も高いので、すぐにクローラーが巡回しインデックス化が早いです。

がしかし、特にサイトを立ち上げたばかりの時などは、そもそもサイトの存在を認識されていないため、ヘタすると数日たってもインデックス化されていないこともあります。

これでは、せっかく誰よりも新しい旬な情報をアップしたのに、インデックス化された頃には記事の新規性が失われてしまい、ライバルサイトに美味しいところを全て持ってかれてしまった・・なんてことにもなりかねません。

このため、瞬時にインデックス化されることにはけっこうシビアに気を使っていかなければならないのです。

Fetch as Googleを使って、クローラーの巡回をリクエストすることは、Googlebotにサイトの更新情報があることを認識させてくれるので、こういったインデックス化の遅れを回避するのに役立ってくれます。

Googlebotからどのように認識されているか確認

Fetch as Googleにはも他にも、レンダリングを確認する、という機能があります。
レンダリングとは、『Googlebotからあなたのサイトがどう見えているのかを確認する』、ということです。

人から見てサイトの状態や見え方が正常でも、もしかしたらそれがGooglebotには正常に認識されていないかもしれません。

これを確認する機能が、Search Consoleに追加され、Fetch as Googleで使用できます。
レンダリングを行って正しくクロールされているか、つまり画像などのリソースやCSSなど適切に読み込まれているかを確認することができるのです。

この機能はトラブル時以外にはあまり活用する機会が少ないので、当記事では詳細を割愛します。

 

 

Fetch as Googleを行うべき時は?

Fetch as Googleを実行して、Googlebotに再クロール依頼するべきタイミングとは以下のような時です。

 

  • 新しく記事を公開した時
  • 公開済みのページを修正して再更新した時

 

とにかく早く検索結果に更新情報を反映させたい時は、以上のような場合でしょう。

特に、サイト立ち上げたばかりの時はぬかりなくやっておいた方がいいですね^^

 

Fetch as Googleの使い方と手順

Google Search Consoleの登録

Fetch as Googleは、Google Search Consoleの中の一つの機能になりますので、なにがともあれまずGoogle Search Consoleにサイトを登録しておく必要があります。

まだGoogle Search Consoleに登録していない場合は、こちらを参考にして登録を済ませておきましょう。

Google Search Console(サーチコンソール)の概要や登録方法と使い方

Fetch as Googleの使い方

Google Search Consoleの登録が完了していれば、すぐにFetch as Googleを利用してGooglebotに記事のインデックスのリクエストをすることができます。

記事をアップしたら必ずFetch!というように作業を習慣化していくといいですね。

 

まず、Search Consoleのトップから、インデックス申請したいサイトを選択します。

 

2197_2

 

Search Consoleのダッシュボードメニューから、『クロール』>『Fetch as Google』とクリックします。

 

2197_3

 

Fetch as Google画面になります。

すでにサイトURLが表示されており、トップページURLのあとの部分が空欄になっていますね。
これは、記事のパーマリンクの部分です。

これを補完する形で記事URLを入力したら、『取得』をクリックします。

 

2197_4

 

『取得』をクリックして、下部にあり『ステータス』欄のが『完了』になったのを確認したら、『インデックスに送信』をクリックしてください。

仮に、何かしらの原因で記事URLが正しく取得されなかった場合、このステータスのところに『リダイレクトされました』というエラーが返されます。
その場合は、もう一度記事URLが間違っていないか確認してください。

 

2197_5

 

『インデックスに送信』を押下すると、『送信方法の確認』という画面になります。

ここで、何故か『私はロボットではありません』というチェック欄がでで来るので、あなたがロボットでなければこれをチェックしてくださいw

そして、その下には、

『このURLのみをクロールする』
『このURLと直接リンクをクロール』

という選択ラジオボタンがあるので、ここでは上の『このURLのみ』にチェックをいれましょう。

2197_6

 

この2つの選択肢の違いは、クロールする範囲になります。

■『このURLのみをクロールする』を選択 :単一のURLの場合
指定したURLのみをクロール依頼したいときに選択します。

■『このURLと直接リンクをクロールする』:複数のURLの場合
指定したURLの他にも、そのURLに含まれている全てのリンクも一緒にクロール依頼したい時に選択します。

特に事情がなければ、通常は上の『このURLのみをクロールする』を選択してOKです。

そして、最後に『送信』をクリックすれば、あなたの記事がGooglebotに通知されます。
ステータスが『インデックスに送信されたURL』となっているのを確認してください^^

 

2197_7

 

 

Fetch as Google実行時の注意点

必ずインデックス化される保証はナシ

Fetch as Goolgeを実行すれば、必ずGooglebotが巡回しにきてくれてインデックス化が保証されている、というものでは残念ながらありません。

あくまでも『記事を更新したから早めにクローリングしにおいでください~!』とクローラーにお願いの通知をするというものなので、こちらのお願いを聞いてもらえないこともあります。
(記事のコンテンツ内容が薄っぺらだったり、Googleガイドラインに準拠してないなど、低品質なコンテンツがこういったことが起こりやすいようです・・。まぁ、Googleが嫌がるコンテンツだということですね)

 

Fetch as Googleは、インデックス化を確実に実行すると誤解されることも多いようですが、正しくは『再クロールリクエストを送信する機能』であり、インデックスに登録するかどうかの判定のリクエストをGoogleに送信するというものであるからです。

それでも、リクエストを送信しておくメリットは非常に大きいので、記事をアップしたら必ずFetchするというクセを付けておくといいですね。

割り当て回数に上限がある

Fetch as Googleは、クロール再申請のリクエストできる回数が決まっています。

 


■ 『このURLのみをクロールする』 ・・・ 使用可能回数:500回/月
■ 『このURLと直接リンクをクロールする』・・・ 使用可能回数:10回/月


 

単一URLの場合は、月間に500回リクエストを再申請できます。

この時の『月間』とは、Fetch as Googleを最初に送信した日からの1ヶ月間、という意味です。
例えば、最初にFetchをしたのが3月4日だった場合、その1ヶ月後の4月4日にURLの送信数の残数がリセットされる、という具合になります。

カレンダーのように、1日から始まって30日あるいは31日で終わるという意味ではありませんので、注意してください^^

またこの回数制限は、サイト単位ではなく、Google Search Consoleのアカウント単位になります。
もし、同じアカウントでサイトを複数登録している場合は、それらの通算の回数となります。