ブログコンテンツを作成していると、さまざまな外部サイトにリンクを飛ばす機会があると思います。

その際に考慮しておきたいのが、『nofollow』タグというリンク属性。
これは、クローラーがリンク先を巡回しないように指定するタグですが、この設定をしなければ知らず知らずのうちに自分のサイトのSEOパワーを取られてしまっているということも。

しかし、むやみにこれを使用すれば良いというものではなく、ケースバイケースでしっかりと使い分けていく必要があります。

まずは、rel=”nofollow”とは何か、意味をしっかりと理解し、自分のサイトに有益に使いこなしていけるように基本的なところを理解しておきましょう。

 

rel=”nofollow”の意味

まず、のーふぉろ~って何?と思った方のために、rel=”nofollow”の意味を簡単に解説しましょう。

rel=”nofollow”は、HTMLで記述されるaタグに指定する属性で、指定されたリンク先をクロールの評価対象から除外するというものです。

つまり、検索エンジンに

『このnofollowの指定をしたリンクは評価しないでね〜』
とか
『このリンク先にはクローラーは辿らなくていいからね〜』

と伝えることができるタグです。

 

どういうことかというと、

検索エンジンの情報収集ロボットである『クローラー』は、リンクを介して世界中のウェブサイトを巡回していますが、このnofollowタグで指定されたリンクからは、リンク先のサイトを辿らなくなります。

外部サイトにリンクを貼るということは、そのサイトを評価しているということを意味します。
ですので、通常は発リンクすることによって、自分のサイトのリンクジュース(ページの評価)を渡します。

ですが、nofollowを指定するとクローラーにリンク先サイトを辿らせないことで、リンク先サイトを評価しない=リンクジュースを渡さないようにすることができるのです。

ちなみに、nofollowしてもしなくても、サイト訪問者にとっては特に影響はありません。
普通にリンクをクリックすれば、リンク先サイトに飛ぶことができます。

 

nofollow,タグ,意味,使い方

 

nofollow,タグ,意味,使い方

 

rel=”nofollow”を付けると、リンク先のサイトにクローラーを巡回させないという意味だと覚えておいてください^^

“nofollow”タグはどういった場合に使うのか

Googleが推奨しているnofollowタグの使い方は以下の3つです。

  1. 評価したくない・信頼できないサイト
  2. 有料リンク
  3. クロールされなくてもいいページ(ログイン画面など)

評価したくない・信頼できないサイト

先ほども述べたように、リンクを貼るということは、『私はリンク先のサイトを評価していますよ~』という意味にもなります。

しかし、ブログを書いていると、自分のブログには直接掲載したくない内容だったり、そもそもリンク先のサイトが信頼に値するか怪しいサイトだったりなどいろいろなケースが出てきます。
ところが、『発リンクはリンク先のサイトを評価する』という暗黙の意味合いにより、Googleからは『このサイトはリンク先のサイトと関連性があるのだな』と思われてしまう、ということになるのです。

よって、リンク先のページのコンテンツを保証できないという場合、nofollowを使用します。

有料リンク

『有料リンク』とは、リンク先が金銭などの対価を提供し、引き換えに設置されたリンクのことです。

Googleのガイドラインでは、SEO効果を受け渡すリンクの売買を禁止しているため、これら有料リンクに該当する場合は、必ずnofollowを設定しないと高確率でペナルティを受けることになります。

具体的なケースでは、

・業者にお金を払って被リンクをもらう(または、お金を受け取って発リンクする)
・対価を払って自分のサイトへのリンクを含む記事を書いてもらう(または、対価を受け取ってリンク付きの記事を執筆する)

などの場合があります。

たとえ、その対価の名目が『執筆料』というものであっても、金銭のやり取りによりSEO効果の受け渡しということに該当するので、必ずnofollow設定をしましょう。

クロールさせる必要のないページ

nofollow設定をすると、クローラーはリンク先を巡回しなくなります。
ですので、これを利用することで、クロールされなくてもいいページを指定しクローラーの巡回効率を良くする時にもnofollowを使います。

例えば、会員サイトなどのログイン以降のページは、上位表示されたところとて検索ユーザーにとっては特に役に立たないですよね。

そもそも、クローラーには1回の訪問につき何ページまでというようにクロールできる上限が決まっているので、不必要なページをクロールさせることは効率的ではありません。

クロールの優先順位を明確にしクロール効率を最適化するという目的でも、必要のないページにはnofollowを設定します。

nofollowタグの付け方

nofollowタグは次のように記述します。

<a href=”リンク先URL” target=”_blank” rel=”nofollow”>アンカーテキスト</a>

rel= の直前には、半角スペースを入れて、タグを区切ります。

WordPressの場合、投稿エディタのテキストモードで手動で記述しても良いですが、TinyMCE Advancedプラグインを使うと、ビジュアルモードからもnofollowタグをつけたリンクを作成することもできます。

 

TinyMCE Advancedの設定画面中央部にある、『Also Enable』に『Link(replaces the insert/Edit Link dialog)』にチェックを入れます。

すると、ビジュアルエディタでリンクの設定時にnofollowタグを入れる項目が追加されます。

nofollow,タグ,意味,使い方

 

 

そして、ビジュアルエディタの『リンクの挿入/編集』アイコンから設定。

nofollow,タグ,意味,使い方

 

『Intert link』ダイアログで、『Rel』のプルダウンを『Nofollow』に設定。

nofollow,タグ,意味,使い方

このように、TinyMCE Advancedを利用するとより簡単にnofollowタグを付加することができます。

さらに、もっと手軽にnofollowタグを付けるには専用のプラグインを利用する方法もありますが、それはまた別の記事で解説します。

nofollowタグの使い方

外部リンクの場合

ブログ記事で外部サイトに発リンクを飛ばす際に、どういったケースでnofollowを使用するべきなのか、というところですが・・

まず、トレンドサイトでは、外部リンクは基本『評価したくないサイト』に該当する場合がほとんどだと思います。
そして、トレンドアフィリではとにかく上位表示をすることが最優先なので、基本的に発リンクにはnofollowタグを使用しましょう。

しかし、特化サイトや専門メディア、情報発信サイトからの発リンクで、価値ある情報を提供しているサイトにnofollowをつけたり、相互リンクでnofollowを設定するのはマナー違反で人間性を疑われます。

nofollowタグは、発リンク先を評価しない、つまり『このサイトと関わりがあると思われたくない』場合とか有料リンクの場合のみ使うようにして、サイトのコンテンツ内容と合致する方向性の濃い情報を提供している価値あるサイトや相互リンクには、普通にリンクを貼るようにしましょう。

内部リンクの場合

nofollowタグは、基本的には内部リンクには使用しません。

といいますか、『リンクを貼るということはリンク先のサイトを評価していること』という前提を考えると、内部リンクにnofollowを付けるというのは『自分のサイトを信頼してませんよw』というアピールになってしまうからです。

これでは、自分で自分の首を締めているようなものですよね。
かなりナンセンスです。

時々、内部リンクにもnofollowを設定しましょうと紹介しているサイトもありますが、GoogleのMatt Cutts氏が『内部リンクにnofollowは不要、というか無意味』と言っているので、それに従っておくのがいいでしょう。

まとめ

今回は、rel=”nofollow”の意味と使い方について解説してまいりました。

ブログコンテンツにリンクを貼る際は、follow、nofollowどちらが妥当かしっかりと考えてリンクを貼っていきましょう。
特に、『信頼できないサイト』にリンクを貼る必要のある場合は、nofollowを忘れないように設定することをおすすめします。

細かいところですが、こういった小さなことをしっかりとやっていくことがサイトを強化させることにつながりますので、ぜひおざなりにせず気を使っていきましょう!