楽天ソーシャルニュース

運営ブログを上位表示させ、アクセスアップを目指していくにはSEO対策を施していくことが必須ですが、その中でも、対策が容易と言われている『外部SEO対策』ですが、これはつまり、他サイトから被リンク(バックリンク)をもらう、というものです。

もちろん、外部SEOは意図的な被リンクではなく、キーワード選定や記事の質を向上させることで、自然に多くの人に『この記事は良い!』と思ってもらいリンクをもらう『ナチュラルリンク』であることが望ましいですが、サイトがまだ育っていない時期には、ソーシャルサービスを利用した被リンク対策も有効になります。

当記事では、楽天ソーシャルニュースに投稿して被リンクを得るメリットや登録方法、使い方について解説してまいります。

 

楽天ソーシャルニュースとは

楽天SocialNewsとは、楽天が運営するネット上のニュースやブログ記事を投稿できるキュレーションサービスのこと。
この記事シェアしたい!と思ったら自分のコメントを加えて投稿することができます。

そしてそれを参加者で評価し合えるという、ユーザー参加型のニュースサイトです。

一般のニュースだけではなく、個人が運営しているブログ記事や、動画、Twitterのつぶやきなど、さまざまな情報を投稿でき、そしてそれをユーザーが評価したり議論したりすることができるというもの。

ではなぜ、これを利用していくことでブログのアクセスアップに有効なのか、その理由をご説明しましょう~。

楽天ソーシャルニュースに投稿するメリット

楽天ソーシャルニュースは、かの有名な『楽天』が運営しているキュレーションサービス。
ということで、当然Googleのページランクもとても強いわけです。

なんでもGoogleのページランクは『6』だそうで。
ページランクはウェブサイトの重要度を表す指標、ドメインパワーと言われるものですが、つまりこの数字が高いとSEOが強いと解釈できます。

ヤフージャパンのページランクは『9』、Naverまとめは『7』なので、楽天SNも相当パワフルなのが分かりますね。

認知度も高い楽天SNに自分のブログの記事が投稿されることのメリットは主に次の3つです。

 

①被リンクSEO対策

ソーシャルブックマークのリンクには、follow属性のものとnofollow属性のものがあります。

Facebookの『いいね!』、Twitterの『リツイート』これらはnofollow属性となり、被リンクとしての効果が期待できません。
(全く効果がない、というわけでもないですが)

対して、楽天ソーシャルニュースからのリンクはfollow属性となり、被リンクSEO対策としては非常に強力なものになります。(はてなB、NAVERまとめもfollow属性)

ページランクの高いサイトからの被リンクをもらえるということは、検索エンジンからの評価も上がるので、かなり効果的な被リンクSEO対策に使えますね。

被リンクSEO対策については、こちらの記事も参考にしてください^^

SEO対策とは?SEOの基礎知識と考え方をサイト運営初心者向けに解説!

②サイトが弱くても上位表示

あなたのブログがまだ立ち上げたばかりで、記事数も少なく上位表示されにくい状態にあった場合、検索エンジンにインデックスされていても、大量のサイトの中に埋もれてしまっていて、誰もあなたの記事を見つけてくれません・・。

しかし、楽天ソーシャルニュースに記事を投稿すると、楽天SNのサイトのSEOが強いため、例えあなたの記事が上位表示されていなくても、この投稿記事が検索上位に上がることもあります。
つまり、ブログがまだ育っていない状態でもアクセス獲得のチャンスがある、ということなのです!

実際、私もブログ開設当初、狙ったキーワードで上位表示されないことがありましたが、楽天SNをに記事を投稿してその投稿ページが上位表示されて、アクセスを効果的に集めることができました。

サイトが強くなっていくと、自分の記事の方が楽天SNに投稿した記事よりも上位表示されていきますが、ブログ開設したばかりの時期には特に効果的ですね^^

③拡散効果

楽天SNのトップページに『本日のスタッフおすすめ記事』という記事リンクの一覧があります。

ここには、面白いとか興味深いとか、特徴的でオリジナリティのある記事が任意で選出され、掲載されています。

つまり、楽天のスタッフさんに、『これはたくさんの人に知ってもらいたいくらい面白い記事だ!』と思われれば選ばれることがあるということです。

トップページのど真ん中で、さらに『おすすめ』とあっては、それはたくさんの人の興味関心をひくことになるので、ここに掲載されると、それはたくさんのアクセス流入を見込める、というわけです。

ですので、どういった記事が拡散したいほど面白いと思ってもらえるのか、どんなタイトルをつければ『おすすめ』に取り上げられるのかを狙って投稿してみるのもいいですね。

ユーザー登録方法

楽天SocialNewsを利用するためには、まずユーザー登録を行う必要があります。

楽天SocialNewsのサイトにアクセスしてください。

 

楽天ソーシャルニュース

 

トップページの右上の『新規登録』をクリックします。

 

楽天ソーシャルニュース

 

ログイン方法は3通り。
Facebook、Twitter、楽天アカウントでログインが可能です。

今回は、『楽天アカウント』でログインしてみましょう。

 

楽天ソーシャルニュース

 

『楽天アカウントでログイン』をクリックすると、楽天会員のログイン画面になります。

もし、楽天アカウントを持っている場合は、ユーザIDとパスワードを入力して楽天にログインしてください。
まだ楽天にアカウントを持っていない場合は、『楽天会員に新規登録してサービスを利用する』から新規会員登録を行い、楽天のアカウントを取得してからログインします。

 

楽天ソーシャルニュース

 

これで、楽天SocialNewsの初回ユーザー登録は完了です。

楽天SNに記事を投稿

楽天SocialNewsのユーザー登録が完了したら、記事を投稿することができるようになります。

アカウントにログインしたら、トップページ右上の『記事を投稿する』のアイコン(鉛筆マーク)をクリックしてください。

 

楽天ソーシャルニュース

 

記事投稿画面で、投稿したい記事のURLを入力してください。

楽天ソーシャルニュース

 

URLを入力したあと、何もないところ(空白の部分)をクリックすると、記事URLのタイトルとサムネイルを取得します。

投稿タイプは『シェア』を選択して、『次へ』をクリックしてください。

 

楽天ソーシャルニュース

 

すると、その下にテーマやコメント、タグ、カテゴリーなど詳細が出てきますので、各項目に必要事項を入力します。

楽天ソーシャルニュース

投稿先テーマ投稿先のテーマを選択します。
記事タイトル投稿記事のタイトルを入力。
コメント記事元の要約やあなたの意見・感想などを入力。
タグ記事元に関係するタグ(キーワード)を入力。
カテゴリ関連性のあるカテゴリを選択。
シェア各SNSにシェアすることができます。

記事タイトルは、記事元のタイトルが自動で入力されていますが、Google的には全く同じタイトルのものがあるのはイマイチなようなので、投稿記事タイトルは多少なりとも変えた方がベターですね。

以上を入力したら、『上記の内容で投稿する』をクリックして記事の投稿は完了です。

まとめ

楽天ソーシャルニュースにブログ記事を投稿して被リンクSEO対策することは、特にブログが育っていない時期にはとても有効ですので、ぜひ活用してみてください。

ただし、一つ注意点があります。

効果があるからといって、あからさまに自分のサイトの記事だけを紹介しまくっていると、アカウントが削除されたり、スパムとみなされてブログ記事やサイトが圏外に飛ばされるという憂き目にあうことがあります。

近年のGoogleの傾向として、不自然な外部リンクが立て続けに発生することに関しては非常にシビアに見ていますので、注意が必要です。

自分のサイトの記事だけではなく、他のサイトもおすすめしながら、バランスやっていくのがいいですね!