facebook,タグ付け,スパム,設定

Facebookのタグ付け機能。
関連のある人をタグ付けして投稿すると、タグ付けされた人のタイムラインにも投稿が流れ、情報をその人やその人の友達にもすぐに送ることができる、という便利な機能ですね。

しかしこの機能、便利でありがたい反面、あんまり有り難くない場面があることがあります。

もし、投稿が自分の友達に拡散されたくなかったりする内容だと、ちょっとありがた迷惑ですよね。
さらに、タグ付けしてその友達に拡散するという性質を利用して、スパム投稿の餌食になってしまうこともあります。

今回は、このFacebookのタグ付けをタイムラインに流れる前に、一旦確認できるように承認制の設定に変更する方法をご紹介します。

Facebookのタグ付けは承認制にすべし!

Facebookの『タグ付け』機能はたしかにとても便利で、利用している人も多いかと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、『タグ付け』とはどういったものかというと、『一緒にいた友達』として投稿にその人を関連付けたり、投稿時アップした画像に写っている人物を関連付けたりする機能です。

例えば、友人があなたと一緒に出かけた場所やイベントの写真を投稿したとしましょう。
その際、あなたがその投稿にタグ付けされれば、あなたのFacebookタイムライン上にもその投稿が自動的に公開され、あなたやあなたの友達の目に触れることになります。

つまり、単に投稿にその人の名前を書くのとは違い、タグ付けしたその人のタイムラインにも自動的に投稿されるというもの。

とても便利な機能なのですが、この便利さがありがた迷惑というか、勝手にタグ付けされると困った場面があることもまた事実です。

例えば、自分の写っている写真の写真写りが悪かったりして、その写真自体あんまり拡散してほしくなかったりということも考えられますし、他にも、その時その場所にいることを「知られたくない」場合だってあります。

自分が友達をタグ付けする場合、事前に確認をするというのが暗黙のマナーですが、逆に自分がタグ付けされる側の場合は、自分のタイムライン上に流れる前に一旦確認することができれば安心ですよね^^

また、タグ付けした人の友達にも投稿が露出する、という性質を悪用して、スパム広告が自分の知らないところで勝手に自分をタグ付けして広告が拡散されることも。

こういったことを防ぐために、Facebookのタグ付けは承認制に設定しておくのが良さそうです。

Facebookのタグ付け設定を変更する方法

まず、Facebookの右上の三角(▼アイコン)をクリックして、メニューを開き『設定』をクリック。

 

facebook,タグ付け,スパム,設定

 

次に『設定』の左メニューにある『タイムラインとタグ付け』をクリックします。

すると、『自分のタイムラインにコンテンツを追加できるユーザー』カラムに、

『友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?』

という項目があるので、ここを編集します。

 

facebook,タグ付け,スパム,設定

 

そして、『友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?』という設定が出てくるので、ここを『オン』に変更します。
(デフォルトでは『オフ』になっています。)

 

facebook,タグ付け,スパム,設定

 

以上で設定は完了です。

この設定をすると、誰かがあなたをタグ付けしようとした時、あなたのFacebook上に「タイムラインに掲載するかしないかを確認するメッセージ」が届きます。

そこで『承認』すれば、あなたやあなたの友達のタイムライン上に投稿が流れ、『拒否』すれば自分のFacebookに掲載されることはありません。
(ただし、投稿した人自身のタイムラインには投稿が流れます。)

これで、自分がタグ付けされた時に、掲載される前に手動で確認ができるので安心ですね^^