FTPファイル転送??
いきなりアレルギーの出そうな小難しい単語が出てきたと、このページをさっと閉じたくなってしまったあなた、ちょっと待ってください!
FTPファイル転送ソフトは、独自ドメインでブログを運営するなら必須中の必須ツールです。

この小難しい名前のツールは、あなたの作ったコンテンツをサーバーにアップロードしたり、サーバからダウンロードしたりということを、スムーズに行ってくれます。

特にサイトを長く運営していけばいくほど、このツールが役立つ場面が多くなっていきますので、ぜひ最初に導入して設定を済ませておくといいでしょう。

単語が難しいだけで、実際はそんなに難しいものではありませんので、億劫がらずに理解を深めてみてくださいね。

 

 

FTPファイル転送ソフトとは

FTPファイル転送ソフトとは、FTP プロトコルという通信の方法を使って、ネットワーク上でファイルの送受信を行えるソフトのことです。
別名をFTPクライアントといいます。

FTPクライアントは、主にWebサーバーに作成したコンテンツをアップロードしたり、逆にサーバーからデータをダウンロードしたりする時に使用するものです。

具体的には、画像やPDFファイル、プラグイン、テンプレートのテーマファイルなどを手動でアップロードしたり、サイトのバックアップを取るときなどにも利用します。

WordPress管理画面で操作できるのにFTPクライアントがなんで必要なの?と一瞬思われたかもしれませんが、Wordpressの管理画面はWebブラウザ上で操作するものなので、サイトにエラーが生じた時は操作が出来なくなってしまいますよね。

こういったトラブル時にも非常に役立ってくれるので、FTPクライアントソフトは必ず導入しておきましょう。

 

 

FTPクライアントソフトはFFFTPが使いやすい

世の中には有料や無料のたくさんのFTPクライアントソフトがありますが、あなたのPC環境がWindowsなら「FFFTP」をおすすめします。
(Macの場合はFileZillaがおすすめ)

FFFTPはWindowsのFTPクライアントソフトの中でも非常に有名で、基本的な機能が充実している上、初心者にも使いやすいので、最初はぜひFFFTPを使用していくといいですね。

一つの画面で、ローカル側(あなたのパソコン)とサーバー側のデーターを階層ごとに見ることができ、ファイルのアップロードやダウンロードもドラッグ&ドロップで完了するので、操作も非常に簡単です。

耳慣れない言葉で挫折しそうになってしまうかもしれませんが、使ってみるとそんなに難しいものではありませんし、ほんの少し基本的な操作できるだけで大丈夫ですよ。

とりあえず、パソコンにインストールするところから始めてみましょう!

 

 

FFFTPをインストールする

FFFTPダウンロードページから、インストールファイル「ffftp-1.98g2.exe」をダウンロードします。

262_8

「ffftp-1.98g2.exe」を実行したら、画面に従ってインストールを完了させてください。

 

 

FFFTPの初期設定

FTP情報の準備

FFFTPを起動したら、まず初期設定を行いましょう。

用意しておくものは、サーバーの契約時に送られてくるメールに記載されている下記のFTP情報です。

  •  FTPホスト
  •  FTPユーザー
  •  FTPパスワード

Xserverの場合は、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というタイトルのメールに記載されています。

262_7

情報の準備ができたら、早速初期設定にとりかかりましょう。

 

設定方法

1. FFFTPを起動

262_2

起動すると、「ホスト一覧」ウィンドウが表示されますので、「新規ホスト」をクリックしてください。

 


2. ホストの設定

262_3

接続の設定を行います。
ここで、先ほど用意しておいたFTP情報を入力していきます。

ホストの設定名: 任意の名前を入力します。
ホスト名(アドレス): FTPサーバー名(FTPホスト)
ユーザー名: FTPアカウント名(FTPユーザー)
パスワード: FTPパスワード

入力したら、「OK」をクリック。

 


3. サーバーが登録されたら接続

サーバーが登録されると「接続」ボタンが表示されるので、これを押下。

262_4

262_5

この画面になったら設定完了です。

 

 

FFFTPの基本的な使い方

FFFTPの操作画面はこのようになっています。

262_9

左側がローカル側、右側がサーバー側のディレクトリが表示されています。

ディレクトリを変更するには、それぞれのエリアの上部にあるフォルダアイコンから変更できます。

262_10

 

ローカル側からサーバー側にアップロードしたり、逆にサーバー側からローカル側にダウンロードするには、下記の4通りの方法があります。
ネットビジネスで活用する分にはこのぐらいの操作ができれば十分ですので、ぜひ覚えておいてくださいね^^

 


1. 右クリック

262_11

ファイルを右クリックし、「アップロード」または「ダウンロード」を選択。

 


2. メニューの矢印アイコン

262_12

メニューの下のツールバーにある矢印アイコンからも、アップロードorダウンロードが可能です。

 


3. ウィンドウ内でドラッグ&ドロップ

262_13

ウィンドウ内で、ローカル側からサーバー側にドラッグ&ドロップでアップロードされます。
逆にサーバー側からローカル側にドラッグ&ドロップでダウンロード。

 


4. ウィンドウの外からもドラッグ&ドロップ

262_15

ウィンドウの外からも、アップロードやダウンロードが可能です。