Webマーケティングにおいて、アクセス解析によるサイトの現状把握と、そのデータをサイト運営に役立てていくことは大変重要でもはや常識となっています。

アクセス解析ツールは、記事を公開したらしっかりとその記事にアクセスが集まっているかどうか、またアクセスがあったあとにどのような行動をしているのか、サイトの特徴や強み、問題点などを多角的に把握することが出来るWebマーケッター必須のものですので、サイトを運営するのであれば必ず導入していくようにしましょう。

有料や無料のさまざまなアクセス解析ツールがありますが、当サイトではGoogle Analyticsの利用をおすすめしています。
ここでは、Google Analyticsでできることや、導入方法、Google Analytics by Yoastプラグインを使用してサイトに関連付ける方法を解説します。

 

Google Analyticsとは

Google Analyticsとは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。
このツールを導入することによって、サイトの強みや問題点といったような現状を正確に把握することができ、サイト運営における方向性に役立てていくことができます。

アクセス解析ツールは他にもいろいろなものがありますが、Google Analyticsは無料で利用できるものの中では非常に多機能で高性能です。
また、Googleが提供しているサーチコンソールやアドセンスなどの他サービスとも連携ができて使い勝手も秀逸ですので、アクセス解析ならGoogle Analyticsを導入しておけば間違いはないでしょう。

Google Analytics では主に以下のことを知ることができます。

  • ユーザー数: 何人の人がサイトを訪問したか
  • ページビュー数: 何ページ訪問されたか
  • 滞在時間: どのくらいの時間サイトを閲覧していたか
  • 直帰率: すぐにページを閉じてしまった割合
  • 新規ユーザー: 新規ユーザーとリピーターとの割合
  • リアルタイム: 現在何人がサイトを訪れているか
  • 地域: どこの地域からアクセスされているか
  • 環境: どんなブラウザや解像度の環境からアクセスされているか
  • 検索トラフィック: どんなキーワードで検索されてサイトに訪問されているか
  • リファラー: どんなページからアクセスされたか
  • モバイル比率: PCや携帯電話、スマホからのアクセスはどのぐらいか

 

これらを把握することによって、サイトの状況をいろいろな視点から分析できますが、あまりにも多くのことが解析できるので、初めは「いったい何を見ればいいの?」と迷ってしまうかもしれません。

解析データは見るだけでは何の役にもたちませんので、「どういった目的でそのデータを知りたいのか」ということを明確にする必要があります。

アナリティクスの活用についてはまた別の記事で解説していきたいと思いますので、ここではアナリティクスを導入してサイトに反映させるところまで済ませておきましょう。

Google Analyticsアカウントの取得手順

Google Analyticsのアカウントを取得するには、まずGoogleアカウントを取得している必要があります。
まだ、Googleアカウントを持っていない場合は、先にGoogleアカウントを取得しログインした状態まで進めてください。

Ref: Gmailアカウントを新規取得してGoogleの機能をフル活用する

 


1. Google Analyticsにアクセス

Google Analyticsのページにアクセスします。

266_6

ログインしているGoogleアカウントで、まだアナリティクスアカウントを取得していない状態の時は上記のような画面になりますので、「アカウントを作成」をクリックします。

 


2. 「お申し込み」をクリック

画面右側の「お申し込み」をクリック。

266_2

現在ログインしているGoogleアカウントでGoogle Analyticsが利用可能となります。

 


3. 必要事項入力

266_5

項目設定
トラッキングの対象「ウェブサイト」を選択
アカウント名任意の名前を入力
ウェブサイト名アクセス解析の対象となるウェブサイト名
ウェブサイトのURLアクセス解析の対象となるウェブサイトのURL
業種ウェブサイトの業種を最も近いものを選択
レポートのタイムゾーン「日本」を選択

設定が終わったら、「トラッキングIDを取得」をクリックします。

 


4. アナリティクス利用規約

ドロップダウンから「日本」を選択し、アナリティクス利用規約を読んでから「同意する」をクリックします。

266_4

 


5. トラッキングIDとトラッキングコード確認

これでGoogleアナリティクスアカウントの作成は完了です。
最後に、トラッキングIDがとトラッキングコードが表示されるので、確認してください。

266_3

トラッキングIDは、Google Analytics by Yoastプラグインの設定で使用しますので、控えておいてください。

 

 

アクセス解析プラグイン「Google Analytics by Yoast」

取得したトラッキングコードをテーマファイルの特定の場所に貼り付ければ、サイトのアクセス解析ができるようになりますが、テーマを変更する度に貼り付け直さなければならないですし、テーマファイルをいじるのは若干手間になりますよね。

そこで、アクセス解析タグを簡単に追加することの出来るプラグイン「Google Analytics by Yoast」を使用するのがおすすめです。
All in one SEO Packプラグインにも、このアクセス解析タグを設置する機能がついていますが、お好みの方を選んでもOKですが、できればアクセス解析に特化したプラウグインを使用していくのがいいですね。
ただ、両方に設定をしてしまうと、データが重複し、正確なアクセス解析データが取れなくなってしまいますので、ご注意を。

ここでは、Google Analytics by Yoastを導入して、アクセス解析のトラッキングIDを設定する方法を解説します。

※現在、プラグイン名が『Google Analytics by MonsterInsights』に変更されています。

 

Google Analytics by Yoastをインストールする

次に、Google Analytics by Yoastプラグインをインストールします。

ダッシュボードメニュー>プラグイン>新規追加

から、Google Analytics by Yoastを検索して、「今すぐインストール」をクリックします。

 

266_8

インストールが完了したら、有効化まで進めてください。

Ref: WordPressプラグインをインストールする3つの方法と有効化

 

Google Analytics by Yoast の設定

Google Analytics by Yoastをインストールしたら、ダッシュボードメニューに「アナリティクス」という項目が追加されます。
ここからGoogle Analytics by Yoastの設定画面にアクセスしてください。

ダッシュボードメニュー>アナリティクス>設定

「General(一般設定)」の中に、「UAコードを手動入力」という項目がありますので、こちらにチェックを入れます。
入力ボックスにはGoogle Analytics で取得したトラッキングIDを入力してください。

266_7

最後に、「変更を保存」をクリックして設定は完了です。
これで、Google Analytics でアクセス解析ができるようになりました。