ここでは、Googleアドセンスの1次審査の申請方法と、通過までにかかる日数、不合格だった場合の対処方法などについて解説していきます。

Googleアドセンスで収益を得るには、まずGoogleアドセンスのアカウントを取得し広告をブログに貼り付けていきますが、このアドセンスのアカウントは誰でもすぐに利用できるというわけではありません。

ブログが広告を貼るのに適しているかどうかがGoogleによってチェックされ、審査に通過してはじめてあなたはアドセンスを利用することができます。
(一度審査に通過すれば、別のサイトでも利用可能)

アドセンスの1次審査は機械による自動チェックで行われるものですので、それほど難易度は高くないですが、アドセンスの利用規約にしっかりと準じているかどうかがポイントになりますので、ガイドラインに沿ったブログで審査に出して行きましょう。

 

 

Google Adsenseアカウント取得の流れ

Google Adsense アカウントを取得する流れは以下のようになります。

■ 審査用のブログを作る
Google Adsense 審査用のブログを新しく作成します。
既にサイトやブログを持っている場合でも、審査用のブログを作って審査申請の準備を整えておきましょう。

■ 1次審査
アカウント申請をしたらまずサイトの1次審査になります。
ブログがアドセンスを貼るのに適しているかどうかを機械的に自動でチェックされ、判定されます。
特にコンテンツに問題がないか、Googleのポリシーに違反したワードが使われていないかなどがチェックされます。

■ 2次審査
1次審査をクリアしたら、次は2次審査になります。
1次審査のように機械的な判定ではなく、こちらは人間が目視で直接判定する審査になります。
広告が正しく貼られてるかをチェックします。

■ Google Adsenseアカウント取得完了
2次審査後は、GoogleAdsenseのアカウントが承認され、ブログに広告を貼り収益を発生させることができるようになります。

 

 

1次審査の申請方法

それでは、審査用ブログを作ったら早速Adsense申請をしていきましょう。
Googleアカウントが必要になるので、手続きの前にまずこちらを取得しておくといいでしょう。

1次審査にサイトを申請する手順は以下のようになります。

 


1. Google Adsenseへアクセス

検索エンジンで「アドセンス」と検索し、「Google Adsenseへようこそ」というタイトルをクリック。
または、こちらからGoogle Adsenseにアクセスしてください。

268_8

 


2. ログイン

Googleアカウントでログインします。

268_3

まだ、Googleアカウントを作成していない場合は、「アカウントを作成」から新規アカウント取得の手続きを進めてください。

Ref: Gmailアカウントを新規取得してGoogleの機能をフル活用する

 


3. ウェブサイトを登録

268_4

ウェブサイト欄には、アドセンス審査用ブログのURLを入力します。
コンテンツの言語は「日本語」を選択してください。

 


4. 必要事項入力

必要事項入力ページに進みます。

268_7

入力項目内容
国または地域「日本」を選択
タイムゾーン国または地域で「日本」を選択すると自動的に設定される
アカウントの種類「個人」を選択
お支払い受取人の名前報酬受け取り口座の名義名を使用
町村、番地 / 市、区住所を入力
電話番号電話番号を入力
Adsenseを知ったきっかけアンケート
メールサービスの設定任意で入力

「お支払い受取人の名前」は、必ず報酬受け取り銀行口座の名義を入力してください。
これが一致していないと、報酬が正しく支払われない可能性があります。

入力が終わったら、最後に「お申し込みを送信」を押下して、1次審査申請の手続きは完了です。

 

 

1次審査通過の確認

1次審査に通過すると、「Google AdSense によるお申し込み内容の審査が完了しました」という件名のメールが届きます。

268_6

このように「1次審査が無事に承認されました」とあるので、これで1次審査は完了です。

 

 

1次審査に要する日数や連絡がない時の確認方法

Googleによれば、「申請から24時間以内に結果を返す」ともありますが、数日から1週間ほどかかる場合もあるようです。

もし、1週間以上何も音沙汰がないようであれば、、「Google AdSense によるお申し込み内容の審査が完了しました」という件名のメールを見落としていないか確認してみてください。

どうしても見つからない場合は、メールが何かしらの原因で受信できていないケースが考えられます。
その場合は、広告コードを貼れる状態になっているかどうかを確認してみてください。

もし、1次審査に通過していると、広告コードが貼り付けられるようになっていますので、審査用ブログに貼ってみて実際に広告が表示されている状態になっていれば、審査が通っているということになります。

 

 

1次審査が不合格だった時に見直すポイントは?

1次審査は、プログが広告を貼るのに適切なものかどうかを機械的に判断するので、基本アドセンスのガイドラインに沿っていればあまり落ちることはありません。

しかし、もし1次審査が不合格だった場合はもう一度コンテンツの内容を見直す必要があります。

以下のポイントをチェックしてみてください。

 

  • 1記事の文字数は600文字以上あるか
  • 内容は当たり障りのない普通の日記や趣味のような内容になっているか(トレンド記事やアフィリエイト記事のような内容は避けてください。)
  • 画像や動画を使用していないか
  • ブログの投稿の日付は時系列的になっているか(1日に一度に何記事も投稿したみたいになっているのはダメです。)
  • アドセンス違反となるワードを使っていないか

 

1次審査が不合格だった場合でも、何度でも再審査を申請することができます。

以上の点を改善しても審査に通らない場合は、思い切って審査用ブログを作り直し別のドメインで記事の内容も変えて申請したほうが通りやすい場合もあるので、諦めずに挑戦してみてください。