当記事では、SEO内部対策の肝となる『内部リンク』の最適化について解説します。

トレンドアフィリエイトなどのブログ運営では、検索エンジンから高い評価を得て検索上位を狙い、アクセスを獲得していくことが重要です。

そのために、日々記事を更新していると思いますが、その一つ一つの記事からより効率的にアクセスを集めれるような施策をしていくことも大切です。

今回解説する『内部リンク最適化』は、そのために非常に重要な要素となります。

 

内部リンクとは

もしこれからあなたがアフィリエイトで収益を得ていくためにサイト運営をしようとしているなら、この『内部リンク』がどのようなものかを知らないととてもよろしくないので詳しくご説明しますね。

 

発リンク(つまり自分のサイトにリンクを貼ること)には、『内部リンク』と『外部リンク』があります。

文字通り、『内部』『外部』とは、『自分のサイトの中』か『自分のサイトの外』かという違いですね。

つまり、自分のサイト内のページへのリンクが『内部リンク』で、外部のサイトに飛ばしたリンクが『外部リンク』ということです。

内部リンク

リンクはSEOにとって重要な意味を持ちます。

特に、この『内部リンク』は最近は非常に重要視されており、どんなにコンテンツが良くても内部リンクをちゃんとしていないせいで評価を無駄に下げられてしまっている例もあります。

自分のサイト内部の工夫によって向上する余地のあるものですので、しっかりと対策していきたい部分ですね。

内部リンクを記事に貼るメリット

SEO的なメリット

リンク先記事のSEO効果

アクセスを集めたい記事には、過去に書いたアクセスの集まっている記事から内部リンクを飛ばすのが効果的です。
アクセスの集まっている記事からのアクセス流入が増えることで、検索エンジンからの評価を高めることができるからです。

内部リンク

また、Googleは被リンクを受けているページを評価し、その数や質も見ています。
つまり、たくさんリンクされていて、しかも評価の高いページからのリンクだった場合、必然とリンク先のページも信ぴょう性に値するものとして、高く評価する傾向があるのです。

ですので、できるだけ過去に投稿した記事でアクセスの多かった記事から内部リンクを貼るようにしましょう。

ただし、SEO効果だけを狙って、内容的に全く関係のないページにリンクすると逆効果になりますので注意してください。

インデックス速度の向上

新しく更新した記事は、クローラーがそのページの情報を取得するまで検索エンジンに認識されず、検索結果に反映されないので、早くインデックスさせるためには早くにクローラーに巡回しに来てもらう必要があります。

あなたのサイトにある他の記事から、新しく投稿した記事に内部リンクを貼ることで、クローラーにその記事の存在に気づいてもらいやすくなります。

アクセスの多い記事にはクローラーが頻繁に巡回しに来ているので、そういった記事から内部リンクを飛ばすのがいいですね。

ユーザビリティ的なメリット

ユーザーがあなたの記事を読んでいて、『あれ?これってどういう意味だろう?』とか『これについてもっと詳しく知りたいな』と思った時、内部リンクからより詳しい記事へすぐに誘導してあげることができますね。

もし、あなたが今この記事を読んでSEOの基本的なところから知りたいな、と思ったらこちらへどうぞ♪
REF: SEO対策とは?SEOの基礎知識と考え方をサイト運営初心者向けに解説!

このように、ユーザーがわざわざ検索ボックスから関連する記事を探す手間を省くことができるということですね。

運営側のメリット

サイト内回遊率や滞在時間の向上

サイト内回遊率とは、『1人のユーザーがサイト内のコンテンツを何ページ閲覧したか』を表す指標です。
当然この数字が高いと、Googleに『このサイトは何ページも見たくなるような価値のあるコンテンツをたくさん提供している』と認識されることになります。

また、サイト内滞在時間では、『1人のユーザーがどのぐらい長くそのサイトの記事を閲覧していたか』を表しています。
同じく、この数字が高いと『このサイトの記事はじっくりと読みたくなるようなしっかりした内容のコンテンツを提供しているのだな』と判断されます。

回遊率、滞在時間は、ともにSEO的な評価に大きな影響を及ぼすファクターになるので、この数字が良いに越したことはありません。

内部リンクを貼ることによって、サイト内回遊率や滞在時間が向上し、結果検索エンジンからの高い評価を得て上位表示がしやすくなる、というメリットは非常に大きいですね。

PV数と収益額が伸びる

内部リンクによって、サイト訪問者さんがサイト内の記事を回遊しやすくなりますよね。
つまり、これは単純に1人あたりの閲覧ページ数が増えるということになります。

従って、『PV数が増える→収益額が増える』ということですね。

ブログ集客において、サイトに流れてきたユーザーに1ページでも多く記事を見てもらい、簡単に『戻る』で離脱させない工夫は必要ですが、内部リンクはこれに大きく貢献してくれるものになります。

内部リンクを最適化する5つのポイント

1. 記事内のテキストに内部リンクを設定する

内部リンクはページ内の記事本文中から設定するようにします。

サイドバーに設置しているリンクや、記事の下部に設置する関連記事などのリンクもいわゆる内部リンクですが、この部分はROS(Run Of Sitelink)といって全ページ共通部分のリンクになります。

こういった部分よりも、記事本文中のテキストからの内部リンクの方が、クローラーが巡回しやすいのでSEO効果が高くなります。

内部リンク

このような本文中に設置する内部リンクは、その記事が扱っている内容と関連性の高いリンクを設定する必要があります。

もしぜんぜん関係のないリンクを貼っても、ユーザビリティ的にもよろしくなく逆にSEOを評価を下げてしまうことがありますので注意が必要です。

2. アンカーテキストの最適化

アンカーテキストとは、リンクされている部分のテキストのこと。

NACOSTYLE BIZ DESIGN
↑これがリンクだとすると、アンカーテキストは『NACOSTYLE BIZ DESIGN』

 

このアンカーテキストに適切なキーワードを含めることが、SEOにおいて非常に大切です。

(例)リンク先のページが『ダイエット ヨーグルト』で対策している場合

A. ヨーグルトで効果的にダイエットする方法はこちら
B. ヨーグルトで効果的にダイエットする方法はこちら!

※青文字はリンクとする

よく見かけるのは、Aの例のような形で『こちら』にリンクが貼ってある例です。
これは、SEO的にいうと非常にもったいないです。

なぜなら、このアンカーテキスト部分だけを見ると、リンク先のページの内容が分からないですよね。
人間ならば、『こちら』の前の部分を見て文脈的に判断できますが、クローラーはロボットなので『こちら』という言葉でページ先の内容を判断してしまうわけです。

つまり、アンカーテキストにリンク先のページで対策するキーワードを含めると、クローラーはそのキーワードをリンク先の記事の重要なテーマだと認識します。

そして、そのキーワードでの評価が高くなり上位表示がしやすくなるのです。

ですので、Bの例のように、アンカーテキストはリンク先のページが何を伝えているページなのかを明確に分かるような意味のあるキーワードを含めるようにしましょう。

3. 画像ではなくテキスト形式のリンクを貼る

内部リンクは画像やボタンではなく、テキスト形式でリンクを貼るようにしたほうがSEO効果が高いです。

これはクローラービリティ的な優位性だけではなく、実はユーザーによってもテキスト形式のリンクの方がクリックしやすい(心理的に)というのがあります。

いまだ感覚的な部分で青字を見ると『リンクだ!』とイメージされる傾向があるので、よりリンクがクリックされやすくサイト内巡回率の向上に繋がります。

もし、画像リンクを設定する場合は必ずaltタグで代替テキストを記述しておきましょう。
このalt属性で指定するテキストも、アンカーテキストのようにリンク先の対策キーワードを含めて設定してください。

4. サイトマップの作成

サイトマップは本の目次のように、サイト内にある記事の一覧をまとめて表示し、ユーザーがサイト内の全記事を一望できるようにしたものですが、内部リンク最適化の観点からもメリットがあります。

クローラーがあなたのサイトの記事をくまなく巡回し、情報をもれなく収集してもらうためには、各記事のリンク階層がトップページから3階層以内(2クリック以内)であることが好ましいです。

これ以上深くなると、クローラーは記事を見つけることができずクローリングしてくれない可能性があります。

サイトマップは、トップページに設置することで、少ないクリック数で全ページにアクセスできるというメリットがありますが、クローラーにとってもリンク階層が浅くなるので、全てのページの情報収集を助け、漏れをなくすことができます。

トップページから各記事への経路を短くするというメリットも非常に大きいので、サイトマップは必ず設置するようにしましょう。

REF : 目次生成プラグインPS Auto Sitemapの設定方法|サイトマップ作成

5. パンくずリスト

パンくずリストも必ず設定しておいたほうがいいですね。

パンくずリストは現在のページがどの階層にあるのかをユーザーやクローラーに伝えることができるのでSEO効果が高くなります。

およそトレンドアフィリエイトなどのブログ集客では、アクセスはサイトのトップページではなく記事単位で流入してくることになります。
その際に、自分がアクセスしたページがどの階層構造にあるのかが分かると、その階層の上に行ってもらったりトップページからカテゴリー内のコンテンツも見てもらうことができるので、サイト内巡回率の向上に繋がります。

また、クローラービリティ的にも非常にメリットは大きいです。

クローラーは各記事の情報を収集する際、サイト全体の構造も掌握しそれをデータベースに持ち帰ります。
この時、パンくずリストがあると階層構造を正しく把握できるので、情報漏れがなくデータを収集してもらえるということです。

まとめ

内部リンクの最適化がSEO的に非常に重要な意味を持っていることがお分かりいただけたかと思います。

つい忘れがちな内部リンクの設定ですが、内部リンクの改善は、SEO内部対策のうち『クローラビリティの向上』の肝となる要素ですので、関連性の高い記事には忘れずに設定していきたいものですね。

新しく記事を更新したあと、過去の記事に戻って内部リンクを設定するのは面倒・・と思うかもしれませんが、ここで享受できるメリットはとても大きいので、ぜひ面倒くさがらずにやっていきましょう!