アドセンスの審査申請が無料ブログでできなくなった、という話が持ち上がっています。

ことは2016年3月上旬ごろ。

コンサル生の方から、

another nyananother nyan

『アドセンスの申し込みでのところでURL入れるとエラーが出るんですが・・』

と。
URLの入力ミスかと思いきや、実はGoogleアドセンスの取得に関するルール基準に変化があったようです。

 

無料ブログでアドセンス審査の申請ができない?

つまり、こういうことのようです。

Googleアドセンス新規取得をする際、『Adsenseへようこそ』という申し込みの画面に、審査申請するサイトのURLを入力するところで、無料ブログのURLを入力すると、エラーで弾かれてしまうとのこと。

アドセンス,無料ブログ,独自ドメイン

 

たしかに、ウェブサイト欄に無料ブログのURLを入力して、『次へ』を押すと、

 

URL にはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

と弾かれてしまいました。

 

これは一体どういうことかと思い、『詳細』からAdsenseヘルプの『お申し込みのURLの入力方法』を確認してみると、このような表記が。

アドセンス,無料ブログ,独自ドメイン

AdSense ヘルプ お申し込み時の URL の入力方法

 

このヘルプを見ると、サブドメイン形式(例:http://sub.nacostyle.com) のドメインはダメですよ、と書いてあります。

つまり、無料ブログのドメイン形式は

http://blog.seesaa.jp/
http://blog.so-net.ne.jp/
http://blog.ninja.co.jp/

のようにサブドメイン形式になっているので審査に通らない、というわけなのです!

独自ドメインのみ有効ということは、レンタルサーバーを借りてドメインを自分で取得して、Wordpressを立ち上げたサイトでないとダメになってしまった・・ということですね。

無料ブログでの申請が不可になった理由

ここ最近の話をすると、無料ブログで審査申請ができていたのは実は日本だけだったんです。
すでに海外では数年前から独自ドメインでしか審査ができなかったので、その余波がいずれ日本にも来るだろうと予想されていました。

もっと遡ると、7年前まではアドセンスの審査は1回だけでした。
それが1次、2次の2回制になり、そして今度は、無料ブログでの申請の禁止という処置になったということです。

これはどういうことかというと、無料ブログによって量産されたキーワードの羅列だけで中身がペラペラの質の低いサイトを排除したいGoogleの意向だと。

最近特に、トレンドアフィリエイトの参入者が増えた背景もあり、オリジナリティがなくクオリティも低いサイトが検索結果を埋め尽くすという自体が発生していました。

Googleはこれまで、手動ペナルティによってそういったサイトを圏外に飛ばすという対応を行ってきましたが、それだったら最初からアドセンス作らせないでおこう、とハードルを上げてきたということですね。

ユーザーや広告主に価値を与えないブログは、Googleにとって検索結果上の『ゴミ』以外の何モノでもありませんので、最初から、本当に価値ある情報を提供するサイトにしかアドセンス取得させたくないというのも分かります。

これは、非常に妥当な措置だと思いますし、そもそもしっかりとユーザーに価値を提供しようとする運営者ならば『無料ブログ』を選択する余地はないのではないか、というのが私の見解です。

ですので、あなたはこれからはしっかりと独自ドメインを取得してアドセンスの審査申請を突破していきましょう。

アドセンス審査を独自ドメインで申請しよう

当サイトでもこれまでは無料ブログでのアドセンス申請をおすすめしていましたが、これからは独自ドメインで申請しなければなりません。

独自ドメインで審査して・・というと『手続きが大変になった?』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待ってください^^

どの道、今までだって無料ブログでアドセンスを通したあと、独自ドメインを取得してサイトを開設していたので、そんなに心配することはありませんよ^^;

つまり今までは、

『無料ブログ開設』→『アドセンス申請』→『Wordpressブログ開設』

という手順を踏んでいましたが、これからは、

『Wordpressブログ開設』→『アドセンス申請』

という流れになるだけですので、以下に解説する順番でやっていけば大丈夫です^^

 

□■独自ドメインでアドセンス審査を申請するまでの手順

1. エックスサーバーを契約する
Ref: Xserverの申し込み方法や料金支払い手順|メリットやおすすめの理由

2. 独自ドメインを取得する
Ref: ムームードメインで独自ドメインを取得してXサーバーに設定する方法

3. Wordpressのインストール
Ref: エックスサーバーにWordPressを自動インストールする方法と手順

4. アドセンス審査用の記事を執筆する
Ref: アドセンス審査に通過するブログの内容や作り方|審査基準と落ちないコツやドメインについて

5. アドセンス審査を申請する
Ref: アドセンス1次審査通過の申請方法と要する日数や期間は?不合格や連絡がない時の対処法
Ref: アドセンス2次審査の申請方法や広告の貼り方と審査期間|通過後にやることや手続きは?

 

アドセンス審査を突破して、無事広告を貼れるようになったら、申請用に使った独自ドメインのブログをそのままアドセンスブログとして使用していくことができます。

今後、審査に使った記事もあなたのブログの資産の一つとして機能していくことになるので、質の高い記事を書くようにしておいた方がいいでしょう。

取得したアドセンス広告は無料ブログで使えるのか?

今回、アドセンスの審査申請には通らなくなってしまった無料ブログですが、すでに取得したアドセンス広告を貼り付けることはできます。
ですので、独自ドメインでアドセンス取得した後、無料ブログでアドセンスブログを運営することもできなくはないです。

しかし、それでも私は無料ブログをおすすめしません。

確かに、無料ブログのはじめから強いドメインパワーとインデックススピードは魅力ですが、長期的に考えるといずれ独自ドメインの方がSEOパワーが強くなるので、よほど『ちゃっちゃと稼いであとは捨てブログでいい』という考えでなければ、結局は独自ドメインの方が勝ります。

それに、これまでのアドセンスの審査基準の底上げの動向からして、今後、無料ブログにアドセンスが貼り付けられなくなる、という可能性も十分に起こりうると思います。

そもそも、無料ブログでの申請ができないということは、独自ドメイン×Wordpressのサイトしか認めないというGoogleの意思表示であると思われるからです。
つまり、『ちゃっちゃと稼いだらあとは捨てブログ』というスタンスのサイトを淘汰したいということと読めます。

先ほども述べましたが、Googleは何よりもユーザーにとって価値のある情報を届けるということを最重要視しています。
言い換えると

another nyananother nyan

『独自ドメイン取ってちゃんとしたサイト作ってよね。(だったらアドセンス使わせてあげる)』

ということです。

まぁ当たり前ですね^^;

もし、今後無料ブログでアドセンス使用が全面的に禁じられると、また新たに独自ドメインで取得して移転作業が必要になるので、それだったら最初からWordpressで運営した方がいいですよね。

どちらにせよ、無料ブログでのアドセンスブログの運営はデメリットが多いですので、初期準備が多少大変でも独自ドメインを取得してWordpressで運用していく方が安全です^^