そこそこブログが育ってそろそろ外注したいという時、外注さんに直接Wordpressの投稿画面に執筆していただくと非常にスムーズですよね。

テキストで送っていただいても、その都度自分でWordpressに貼り付けて投稿していかなければならないので手間になってしまいます。

しかし、だからと言ってあなたの使用しているIDやパスワードをそのまま渡してしまうわけにはいきません。
Wordpressの全てを操作できる権限を渡してしまうことと同じですので、これには危険を伴います。

WordPressにはこのように複数人で作業を行う際に、それぞれの人に適した『権限』を付与することができます。

当記事では、Wordpressの『権限』の種類と外注さんに記事作成を依頼する際に適した『権限』はどれがふさわしいかを解説します。

 

WordPress新規ユーザーの作成方法

外注さんにWordpressを使っていただくためには、まず外注さんのユーザーIDを作成しましょう。

ダッシュボードメニューから、『ユーザー>新規追加』を選択します。

外注化,Wordpress,新規ユーザー

 

各入力項目は以下のとおり。

ユーザー名(必須)ログインIDを入力(任意の文字列)
※後から変更できません!
メール(必須)新規ユーザーのメールアドレス
新規ユーザの名前(入力は任意)
新規ユーザーの姓(入力は任意)
ウェブサイト新規ユーザーのウェブサイト(入力は任意)
パスワードログインパスワードを入力
ユーザーに通知を送信メールアドレスにIDやパスワードを通知
権限グループ権限が選択できる

 

『名』と『姓』は任意の入力ですが、外注さんをユーザーとして登録する時はここも入力しておいた方がいいですね。

権限グループは外注さんとの関係にもよりますが『投稿者』か『寄稿者』。
詳細は後でご説明しますね。

 

情報を入力して『新規ユーザーの追加』をクリックすると、このようにユーザーが追加されています。

外注化,Wordpress,新規ユーザー

 

外注さんには、Wordpressの管理画面のURLと、登録したユーザー名・パスワードを知らせて、Wordpressniにログインしてもらいましょう。

各ユーザー権限の出来る範囲

WordPressでは、下記の5つのユーザー権限を付与できますが、それぞれが行える操作の範囲が異なります。

管理者

外注化,Wordpress,新規ユーザー

 

Wordoressの全ての操作ができます。
管理者だけにしかできないことは以下のとおり。

  • テーマの変更と編集
  • プラグインのインストールや設定
  • ユーザーの追加や削除

編集者

外注化,Wordpress,新規ユーザー

 

コンテンツに関わる全ての操作ができます。

  • コメントの承認
  • カテゴリーを管理
  • リンクの管理
  • 既存の記事の編集(自分以外が作成した記事も含む)
  • 固定ページの編集

この権限でできる範囲は非常に広く、自分以外のユーザーが作成した記事も削除することもできます。

投稿者

外注化,Wordpress,新規ユーザー

 

記事作成のための操作はだいたいのことができます。

  • メディアライブラリの管理
  • 新規記事の公開

寄稿者

外注化,Wordpress,新規ユーザー

 

記事作成はできるが、公開と画像のアップロードができません。

購読者

外注化,Wordpress,新規ユーザー

 

閲覧のみ可能。
特にあまり仕様する機会がないかもしれません。

WordPressの外注権限はどれがいい?

さて、外注さんに付与する権限はどれがいいか悩めるところかもしれませんが、上記の権限の範囲から考えると『投稿者』か『寄稿者』がいいでしょう。

ただ、外注さんの記事作成スキルが上がって安心して任せられるようになるまでは、『寄稿者』にしておいた方が無難です。

『投稿者』と『寄稿者』は両方記事を作成することはできますが、寄稿者では以下のことができません。

  • 画像のアップロード
  • 新規記事の公開

ですので、外注さんの作成した記事が万が一記事が公開するに値しないクオリティだったり、アドセンス規約違反に引っかかるようなコンテンツだった場合、公開されるのを未然に防ぐことができます。

『寄稿者』が記事を投稿するとき、『公開』ではなく『レビュー待ちとして送信』としてあなたにレビューを求める形になり、公開前の記事を一度管理者であるあなたがチェックできる形になります。

OKだった場合はそのままあなたが記事を公開し、修正がある場合は外注さんに差し戻すことができます。

対して、『投稿者』は記事の公開や画像のアップロードができる形になります。

ですので、外注さんの記事作成スキルが上がってあなたのチェックが入らなくても合格レベルにまで達して、信頼関係が構築されたあとにこちらの権限にアップグレードするといいですね。