Akismetプラグインは、作業効率化系のプラグインでは最重要ともいえる、まず初めに必ず導入しておくべき必須のプラグインです。

Akismetはバージョン2.0以降のWordpressではデフォルトでインストールされていますが、もはやこれを使っていないWordpress利用者はほとんどいないのではないかというほど超メジャーなプラグインですね。

このプラグインを有効化し利用していくにはAPIキーを取得する必要がありますので、当記事では、Askimetの有効化やAPIキーの取得方法についても詳しく解説していきたいと思います。

 

「Akismet」プラグインとは

WordPressブログを長く運営していると、必ず増えてくるのが迷惑なコメントスパム。
コメントスパムは、記事のコメント欄にロボットプログラムによって無差別に自動投稿され、ブログ記事とは関係のない広告が毎日大量に投稿されます。

それこそ毎日何百というコメントスパムが届くので、これを手動で対応していては非常に煩わしいですし時間の無駄なので、コメントスパムを自動対応してくれるプラグインは、Wordpressブログを運営するなら必須となってきます。

Akismetは、コメントやトラックバックの内容をサーバーでチェックし、迷惑なスパムコメントを自動的に判別して分類してくれるプラグインです。

Akismetを利用するには「APIキー」を取得する作業がありますが、最初に設定さえ済ませてしまえば、鬱陶しいコメントスパムとは無縁の環境を手に入れることができますので、ぜひ導入時に設定を済ませておきましょう。

 

Akismetの有効化

Akismetは、バージョン2.0以降のWordpressにはデフォルトでインストールされているので、新たに追加インストールの必要はありません。

ダッシュボードメニューから、

プラグイン>インストール済みプラグイン

を選択し、インストールされているプラグインの一覧を表示したら、「Akismet」の欄にある「有効化」をクリックします。

399_2

以上で有効化は完了です。

 

AkismetのAPIキー取得手順

APIキーを取得するために、akismet.comで登録作業を行います。

 

1. 有効化するとプラグイン一覧の上部に「Akismetアカウントを有効化」というボタンが現れるので、それをクリックしてください。

399_3

 

2. 次に、「APIキーを取得」をクリック。

399_4

 

3. akismet.comのサイトへ移動するので、下記画面の「GET AN AKISMET API KEY」をクリック。

399_5

 

4. 必要項目を入力します。

399_6

Email Address: メールアドレスを入力
username: 任意のユーザーネーム(最低4文字の半角英数字)
Password: 任意のパスワード

この3つを入力したら「Signup」を押下。

 

5. するとこのような画面になるので、Basic欄の「GETSTART」を選択します。

399_7

 

6. ここでいきなりクレジットカードの入力欄が現れますが、慌てずに画面右に記載されている「What is Akismet worth to you?」のバーをつまんで、一番左までスライドします。

399_8

クレジットカードの入力が消えて、入力欄は名前のみになりました。
こちらに名前を入力し、「CONTINUE」をクリックしてください。

399_9

 

7. 最後に、「Awesome!」という画面になり、APIキーが取得されました。

399_10

そして、その下にある「AUTOMATICALLY SAVE YOUR AKISMET API KEY」を押下します。

 

8. APIキーが無事Wordpressに反映されて、「Askimetアカウントの設定が完了しました。」と表示されたら、設定は完了です。

399_11

 

すでにAPIキーを入手している場合

APIキーをすでに持っていてakismet.comに登録の必要がない場合は、以下の手順でAPIキーを設定します。

 

1. ダッシュボードメニュー>設定>Akismet

399_14

ここに、「手動でAPIキーを入力」という欄があるので、APIキーを入力し、「このキーを使用」をクリック。

 


2. 「Akismetアカウントの設定が完了しました。それではブログをお楽しみください。」とメッセージが出れば設定完了です。

399_15

 

スパムコメントが分類されているか確認する

それでは、スパムコメントが分類されているか確認しましょう。

ダッシュボートメニューから「コメント」メニューに移動すると、上部に「スパム」という項目があります。

399_13

ここにAskimetがスパムと判断したコメントが入っていきます。
これらはここに分類されてから15日で完全に削除されます。
あくまでも、ここに分類されるのはAkismetのアルゴリズムによる自動分類となるので、最初のうちはスパムかどうか確認しておくのもいいですね。

もし、スパムコメントでなかった場合は、コメントの一番下にある「スパム解除」から解除することができます。

 

399_12

 

とはいっても、Akismetの分類精度は高く、ほとんどのスパムコメントやトラックバックスパムはきれいに分類してくれるので、あまり心配する必要はないでしょう。