トレンドアフィリエイト,芸能系,興味がない,苦手

トレンドアフィリエイトはネットビジネス初心者の入門的手法であり比較的簡単に収益化が可能なので、まずこのトレンドアフィリエイトから取り組むのが王道なのですが、ここで躓いてしまう理由の一つに『芸能記事を書くのが苦痛』というお悩みが多く見受けられます。

実際、トレンドアフィリエイトの実践者さんで『芸能系が苦手で記事が書けない』と悩む人は非常に多く、この苦痛のために手が止まってしまう人も実際にいます。

今回は、芸能系ニュースにアレルギーが出て記事作成に支障が出るというお悩みの方に、その考え方についてお伝えしたいと思います。

 

芸能系ネタに興味があって詳しくないと記事が書けない?

『芸能ニュースに苦手意識があって苦痛で手が止まってしまう・・・』

ぶっちゃけ言いまして、この気持ちはすごーく良く分かるんですよねぇ・・・痛いほど・・。
私も初心者のころは同じように非常に苦痛に思っていたので、今あなたが情報をリサーチしてはゲンナリしている様子が目に浮かぶように分かるんです。

たしかに、ちょっと芸能系のトレンドサイトを見渡してみても、

『○○さんの彼氏が△△でお泊りデートの目撃情報が!』
『××さんのカップはDカップだそうです!』

・・・ウンザリですよね。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

トレンドアフィリエイトで成果が出ている人はみな、こんな下世話な芸能ネタが大好きで昼休みにこっそり週刊誌を読み漁っていたり、ゴールデンタイムの番組を日々の楽しみにしてワクワクしていたのでしょうか・・?

そんな人はほとんどいないでしょう(笑)

多くの成功者はみな口を揃えて『芸能系には興味がなかった』とおっしゃっておられます。(そりゃそうです)

何を隠そう私もその一人です。

実を申しますと、私の場合はその中でもかなりアウェイな方だったと思います。
なにしろ私はネットビジネスに取り組む前まで20年間も『テレビ』のない生活を送っていました。

リアルで某芸能人の方を見かけたこともありますが、その方が日本国民なら誰でも知っている有名な方だと分かったのは数週間後です・・(笑)
そのぐらい流行や芸能人についてはアナザーワールドだったんです(笑)

それでも、トレンドアフィリエイトで芸能系ネタで記事を書いて1ヶ月半で10万円を達成できました。
これで分かったことは『芸能系に興味がないと芸能系の記事が書けないということではない』、ということです。

では、どうして『芸能系ネタ』で『書けない』のか、書けるようになるにはどういった考え方のポイントを押さえておけばいいのかを考えてみましょう。

芸能ニュースに苦手意識があって『書けない』の正体とは

前提として、記事が書けないのは『興味がないから』ではありません。
『リサーチが足りないから』書けないのです。

知らない情報を記事にする時、『リサーチ』つまりその情報についてより深く知ることは必須ですが、苦手意識が障壁になってリサーチ量が足りなくなるのが『興味がなくて書けない』の正体です。

コンテンツを作るということは、まずは情報に触れて深く知ることから始まります。
その情報があなたの『知識』となり、あなたの考えや感情というフィルターを通して加工され、それが『価値』へと変容し、『独自性のあるコンテンツ』の素材となっていくのです。

——————————————————-

リサーチをしてそのキーワードに関する客観的事実を知る

あなたなりの見解が生まれる

独自性のある良いコンテンツができる

——————————————————–

 

ところが『苦手意識』を持っていると、まず情報に触れるという段階で無意識的に拒否反応を起こし、情報があなたの『知識』としてストックされません。

料理に例えてみましょう。

あなたが何か美味しいものを作ろうとするとき、まずは材料を揃えますよね。
材料を切ったり煮たり炒めたり、あなたなりの味付けをしたりして、最終的に美味しい料理が出来上がるわけですよね。

ところがこの材料に『ピーマン嫌い』『トマト嫌い』『ニンジン嫌い』と苦手意識を持っていたらどうでしょう。
あなたは、まな板にこれらが乗っかった瞬間ゴミ箱に捨ててしまうかもしれません。

冷蔵庫にピーマンとトマトとニンジンしかなくて、これを使って料理をしなければならなかったとしたら・・・
あなたは『美味しい料理』が作れなくなってしまいます。

これではピーマンとトマトとニンジンが大好きな子供たちに美味しい料理を食べさせてあげることができませんよね。

 

つまり、『興味がないから書けない』のではありません。

記事を書くために、その情報に触れたり情報から思考や感情を生み出すこと(料理に例えると加工すること)自体をやらないから書けないのです。
逆に言うと、苦手意識を持っていたとしても、情報をリサーチしてそれをあなた自身の頭で解釈することができれば記事は書けるということです。

そのためには、情報を扱うコンテンツビジネスとはどういうものなのかを正しく理解しておく必要があります。

芸能情報に苦手意識を持つ前に心得ておきたいこと

なぜトレンドアフィリエイトで芸能系ネタを書くのか

なぜトレンドアフィリエイトで芸能ネタを扱うのか、それは『検索ボリュームが大きいから』に他なりません。

トレンドアフィリエイトでは、サイトにたくさんのアクセスを集め記事内に貼ったアドセンス広告から収益を得るアフィリエイト手法です。
そして、サイトに膨大なアクセスを集めるためには、『大衆が一斉に同じ方向に関心を示す』ネタを扱う必要があります。

『トレンド』となっている話題というのは、この『大衆が一斉に同じ方向に関心』という性質と親和性が高く、この特徴を利用した集客法がトレンドアフィリエイトというわけですよね。

芸能系ニュースは、この『トレンド』が起こりやすいジャンルです。

例えば、

  • 芸能人の熱愛やスキャンダル
  • テレビで放送されたドラマやバラエティの話題
  • 話題の新作映画の出演者情報

これらは大衆が注目しやすい話題であるために、トレンドアフィリエイトの王道のネタになっています。

ですので、まずトレンドアフィリエイトで成果をあげるために必要なネタだという捉え方をする必要があります。

『トレンドアフィリエイトをやるために芸能系をかかなければいけない』と考えるのではなく、『アクセスを集めるために分母の大きなネタで記事を書く』という考え方にシフトしていくようにしましょう。

もっと言うと、検索ボリュームが大きくてアクセスを集めることができるのであればいいので、別に芸能じゃないといけないということでもないのです。

REF: トレンドアフィリエイトの鉄板の非芸能ネタはこれ!

情報はそれ自体を客観的に見なければならない

芸能系が苦手という人にその理由を聞いてみると、おおよそこのような答えが返ってきます。
『この情報にどんな価値があるのか分からない』

これは言い換えると、どんな属性のターゲットにどんなニーズで応えようとしているのか、明確になっていないということですよね?

 

まず第一に、情報はそれ自体は価値を持つものではありません。
厳密にいうと、情報そのものに『絶対的価値』というものはないということです。

情報は情報の受け取り手によって『価値』は相対的に決められるのです。

例えば、明日高尾山でハイキングをする予定のある人にとって『明日の東京都の降水確率』という情報は非常に価値が高いですよね。
その情報によって、『傘を持っていくべきか』『予定を変更するべきか』という行動基準になるからです。

対して、明日出かける予定のない人にとってはこの情報の必要性はそこまで高くないでしょう。

このように『情報』は受け取り手の属性によって相対的に価値付けられるのです。

 

このことから、『芸能系だから価値がない』と最初から決めつけるのはいささか早計です。
なぜなら、『価値がない』と決めているのはあなたの感情の部分だからです。

耳を塞ぎたくなるような凄惨な事件の情報に触れてあなたが気分を害することと、情報それ自体との関連性はありません。
情報は事実としてそこにあるだけです。

ですので、芸能情報に対して苦手意識を持つのではなく、そういう情報があってそこにニーズがあるのだと客観視する視点を持つことが大切です。

 

次に、その情報に対して価値を感じる人を基軸にして情報を見るような視点を養うことが必要です。

あなたが興味があるかないかは関係がありません。
記事はあなたが満足するためにあるものではなく、検索ユーザーが知りたいことを書き、検索ユーザーが満足する内容を提供します。

リサーチをするときにも、その記事のターゲットとなるユーザーが考えていることに脳内をリプレースして情報に触れるようにします。
そこに『苦手だ、嫌いだ』という感情の介入の余地はありません。
なぜなら、検索ユーザーはその情報に興味いっぱいで『検索』という行動をするからです。

本当に価値のある情報というのは、『人の行動(感情)変化を起こす情報』だと考えてください。

あなたの提供した芸能情報で誰かが

面白かった!
役に立った!
新しいことを知った!
感動した!
etc・・・

という行動(感情)変化が起これば、それは価値のある情報だということです。
(あなたが記事を公開しないうちは、その情報にはそれこそ全く価値はないということですね。)

情報それ自体を客観的に見る、この視点を大切にしていきましょう。

苦手な芸能系記事でもスラスラ書けるようになる方法

文章を書く、というのは非常にクリエイティブなアクティビティです。
あなたがイヤだイヤだと脂汗をにじませながら書いた文章は、その嫌な気持ちが読者にも伝わります。

あなた自身がその話題に関心を持って楽しんで書いた文章の方が、読んでいる側にも伝わり反応が上がっていったりするものです。

先ほどの料理の例で例えると、イヤイヤ作った料理の味が不味いことは想像に難くないですよね。
これと同じです。

そうは言っても苦手意識がそう簡単に拭えるものじゃないし、じゃあどうしたらいいの?と葛藤してしまうかもしれません。

そこで、芸能系が苦手でも楽しい文章が書けるとっておきの方法をお教えします。

20年間テレビも見ず週刊誌というものに触ったところもなかった情報オンチだった私が、たった1ヶ月半で芸能系情報で成果を出せるほどスラスラと楽しく芸能記事が書けるようになった方法です。

私も最初は、胆汁を舐めるような気持ちで記事を書いていたのですが、このやり方に変えてからはまるで別人のように楽しい記事が書けるようになりました。
真っ白の投稿画面を眺めてウンザリした気持ちになることもなくなりました。

好きになれないものを無理して好きになる必要はありません。

しかし、この方法を使えば脂汗の滲んだ文章ではなく生き生きとした文章が書けるようになるのです。
反応が上がり多くのコメントをいただいたり、SNS拡散されるようになります。
(記事ネタのモデルさん本人からコメントをいただいたりしたこともあります。)

何よりも記事作成に取り組むあなた自身がラクになるのです。

 

これは何も『楽しい気持ちで取り組みましょう♪』的なマインド論ではありません。
それは誰もが言っていますし、それが出来ないからこそあなたは悩んでいるわけですよね?

これはブログ運営上での戦略的な方法論です。
これをやるとスラスラ書けるだけではなく『ユーザーやGoogleに好かれやすく』なります。

 

ここで公開しても良かったのですが、この方法はあまり知っている人がいません。
なぜなら私ほどの芸能アレルギーを持っていた人はおそらくいないので(笑)、そこまで研究の必要はないからでしょう。
情報ド音痴だった私だからこそ開発できたやり方だと思っています。

なので、このとっておきの方法をメルマガ読者さんだけにこっそりお教えしたいな、と思います。

もしご興味がありましたら、下記のフォームよりメルマガにご登録してくださいね^^
お待ちしています。