ビジネスマインドにおいて最も最重要マインドとなるが『行動力』。
結局ビジネスの成果は、いかに行動できるかで決まるので、マインドセットの中でも特に高めていきたいものです。

圧倒的な行動量を圧倒的なスピードでこなしている人は例外なく稼げています。
逆にいうと、行動ができないということは致命的だということです。

今回は、行動マインドを高めるために意識するべきポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

なぜ『行動』できないのか?

原因1)恐怖=失敗が怖いから

人は新しいことにストレスを感じるようにできています。
それは『失敗』が怖いからです。

特に、日本の教育や価値観で育ってきた私たちは、失敗を『許されないもの』と思いがちです。

だから、目の前のことが出来なかったり、やろうとしたとしても誰かに『こ、これでいいですか・・?』と聞いてしまったり。
恐怖の対象から身を守ろうと防衛本能が働いてしまっているのです。

でも、失敗のない人生なんてありますか?
失敗してない成功者なんていますか?

失敗したら人の目が怖いとか、恥ずかしいとか、迷惑がかかるとかというのを言い訳にしてはいけません。

失敗したら許されないことなんて、人の命が失われるとかそういうことでない限り、この世にほとんどないのではないでしょうか。

ましてやネットビジネスでの失敗なんて、『美味しいネタが出来た』くらいのものですよ!

原因2)不安=やり方が分からないから

行動のやり方が不明瞭なとき、不安から行動できないことがあります。

これは、車の運転の仕方が分からないのに車を運転しようとしないのと同じですね。
分からないまま行動したら痛い目にあうかもしれないからです。

 

ビジネスにおいても同じことが言えます。

ノウハウを読んでも理解できない
内容は理解できたがこれが正しいかどうか分からない

こういうことが、『不安』になって行動ができない場合です。

だったら、全力で理解するようにすればいいのです!
これがまさしく『行動』です。

実際行動してみないと分からないことなんて山ほどあります。むしろそっちの方が多いくらいです。

とりあえずやってみて理解を深める→それを次の行動に活かす

というのを繰り返していけばいいです。

正しいかどうか分からないからと行動しないのでなく、あなたが行動によって正しいことを証明する、というスタンスでやっていきましょう。

原因3)怠惰=やらないから

やる気があるから行動ができるのでしょうか?
違います。その逆です。

人は、行動するからやる気がでるのです。

ここの認識が間違っていると、

『やる気がでなくて作業出来ませんでした・・・』
『やる気を出すにはどうすればいいですか?』

ということになり、永遠に『やる気の出し方』なる方法を探しまわらなければいけなくなります。

やる気の出し方というのをあえて言うと、『行動』することです。

行動が先です。モチベーションは後です。
なぜなら、人間は本質的に怠惰な生き物なので、行動することが最初から面倒くさいのです。

しかし、先に行動をすることによって脳や体が動かされます。
先に動かすことで、感情や気持ちの部分がついてくるということです。

やらないから行動できない、当たり前のようですが、やる気が出るのをいつまでも待っているのではなく、とりあえず5分だけやりましょう。
おそらくやる気が出てきて、意外と行動が捗ると思いますよ^^

行動力マインドで大切な6つのコト

1. 行動しなければ『進化』できないことを理解する

『進化』

生物が、単純微小な原始生命から、段階的に、複雑多様なものへと変化して来たこと。更に広く、事物が一層すぐれたものに発展すること。

 

ビジネスは価値をお客さんに提供してその対価をもらうことです。
つまり、提供できる価値が増えればあなたの収益も増えていくわけですよね。

そのためには、自分自身が『進化』してより大きな価値を生み出せるように『行動』していく必要があります。

『進化』は『行動』することでのみ、可能になるのです。

ところが、行動を先延ばししていつまでも停滞していると自分自身が進化できず、よって『価値』も増えていくことはありません。
人に提供できる価値がなくなるため、収入も増えていくことはありません。

進化は人間の性です。
自己成長することをやめてしまったら、それは『現状維持』ではなく『後退』しているということなんですよね。実は。

つい行動を先延ばしにしてしまうクセがある人は、このように考えてみてはいかがでしょうか。

『今行動しないと1億円を損してる!』

2. 自分を変えられるのは自分しかいないことを理解する

自分を変えられるのは自分以外の何者でもありません。

もしあなたが『稼げるようになる』『今の生活を変える』『強い自分になる』etcなど、自分自身に変化をもたらしたいと考えているなら、それは最終的に自分自身が成長することによってのみ得られるということです。

ここの意識が弱いと、いわゆる『他者依存マインド』に陥ってしまいます。
他者依存マインドとは、自分以外の他人や情報が、理想とする自分の状態まで引き上げてくれるだろうという考え方です。

これは自発的な『行動力』を妨げる最も邪悪な考え方です。
行動しないから成果が出ないのに、誰々が悪い、ノウハウが悪い、と稼げないのを責任転嫁しようとします。

自分自身を助けられるのは自分しかいないんです。
そして、『自分を助ける』というのは行動することだということを心得ておきましょう。

3. 他人に力を借りていることを理解する

自分を変えられるのは自分の『行動』のみ。
しかし、その『行動』がどうしても出来ない時って人間だからあります。

どうしても手が動かないとか、どうしても勇気がでないとか、誘惑に負けてしまったとか。いろいろあるでしょう。

そういう時は、他人の力を借りてもいいのです。

私は、どうしても手が動かない時、メンターに毎日作業の報告やコミットをしました。
そうすることで、『メンターの目』という力を借りたのです。

力を借りたのだから、お返ししなくてはなりませんね。
なので『行動』『成果』という形でお返しするべきですし、ぜひお返ししたいと思うようになるため『行動』に顕著にあらわれていきます。

他者依存マインドとの決定的な違いは、自発的な『行動』が伴っているかどうか。
『行動』をしてもがいている人には、他人に手を差し伸べてもらえることが多くなります。

そしたら必ず『行動』という形でお返ししてくださいね。
他人の力は利用する、ではなくて、お借りすると考えれば行動に繋がります。

4. 人よりも3倍行動すればどんなものでもそれなりになることを理解する

行動しても何も変わらないんじゃないか
自分にはそんな才能ないんじゃないか

そんなふうに考えて『行動』に二の足を踏んでいませんか?

でしたら、他の人よりも3倍行動するようにしてみてください^^
おそらくどんな人でもどんなものでもそれなりになります。

トレンドアフィリエイトで成果が伸び悩んでいる人は、今の3倍作業量を増やしましょう。
よいレターが書けないときは3倍の量の写経をしてみましょう。

成果が出ている人の3倍作業をするのもいいです。

行動は『変化』をもたらすものなので、必ず何かしらの成果はでるはずです。

5. 行動した方が『後悔』がないということを理解する

人間は、行動した結果たとえ失敗したとしても、行動しなかった時の後悔の方が強く残ります。

『あ〜あの時やっていればよかった!』と後から思ったことは多くの人が体験しているのではないでしょうか。

思い切って告白したけどフラレてしまい、せっかく友達だったのに友達でもいられなくなった、とか。
その時は告らなきゃ良かったと行動したことをめちゃくちゃ後悔するかもしれませんが、もし告らなかったら何かが変わってたでしょうか?

少なくともこの行動で、この人とは縁がなかったということが分かりますよね。
でも、行動しなかったらそれさえ分からず、後々になって引きずらなくていい想いを引きずってしまうかもしれません。

将来あなたが悔やむのは『失敗した自分』ではなく『行動できなかった自分』です。

失敗したならしたでそれは人生のよい肥やしになるのだということを理解しておきましょう。

6. 時間は有限であることを理解する

時間は無限にあるものだと思っていませんか?
行動を先延ばしして、『明日やればいいか』「明後日でいいか』と思っていたら、永遠に明日はやってきません(←実証済み)

今日できないものは明日もできないんです。

人が本当に時間の大切さを噛みしめる時は『死』に直面した時だといいます。

でも、自分がいつ死ぬかなんて、普通に暮らしていると、遠い未来のことのようにも思えますし感覚的には非常にファジーなもので普段はあまり真剣に考えるテーマではないでしょう。

しかし、だからこそ時間が無限にあるような錯覚に陥ってしまっていたとしたら危険です。

スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学で語られた名言にもこうあります。

自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。なぜなら、永遠の希望やプライド、失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には何の意味もなさなくなるからです。

 

つまり、時間は有限で、自分は必ず死ぬ存在なんだと認識すれば行動できるのです。
人生絶対後悔したくない、と強く思えば目の前のことを全力でやるはずです。

時間が永遠に続くような感覚、これ本当に危険です。
冷静に考えると本当に時間がないことが分かると思います。

今の時間を無駄にしている余裕なんて一秒もありません。
全力で行動していきましょう。