当記事では、ブログのコンテンツ内でYouTube動画を利用するのメリットとやり方、注意点について解説します。

YouTubeの動画には、動画を共有できる機能がついており、ブログにも掲載できるように『埋め込みコード』が提供されています。

これを利用して、コンテンツ内でユーザーに動画を見せることは非常にメリットがあり、SEO効果やアクセスアップにも期待ができるのですが、間違った使い方をしてしまうと、著作権侵害やアドセンスポリシー違反となる可能性もあります。

ここではアドセンスブログでのYouTube動画の利用について、しっかりとマスターしていきましょう!

 

ブログ運営における動画利用のメリット

ブログの記事内に動画を用いることのメリットは以下の3点です。

サイト内滞在時間の向上によるSEO対策

コンテンツ内に動画を設置すると、サイト訪問者がその動画を視聴した時間もブログに滞在する時間に含まれますので、サイト内滞在時間の向上に繋がります。

サイトの平均滞在時間の長さも、検索エンジンのサイト評価の指標になっており、これが長いと『価値のある良質なコンテンツ』の判定基準になります。

よって、SEOパワーを獲得していくことに繋がり、結果検索エンジンでの上位表示がされやすくなっていきます。

『動画』は需要のあるキーワード

『動画』というキーワードはよく検索されます。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

 

虫眼鏡やサジェストでも、多くのキーワードの関連キーワードとして『動画』が表示されているので、インターネットで動画を見たいという需要がいかに高いかということが分かるでしょう。

もしこれをタイトルに入れてアクセスアップを図るのであれば、ユーザーが動画を楽しめるようにコンテンツを作る必要があるので、その場合はYouTube動画を利用します。

YouTube動画の挿入によるSEO強化

YouTubeはGoogleの傘下にあり、世界中で利用されている超ビッグサイトですが、このYouTube動画をブログのコンテンツ内に挿入すると、SEO効果がアップすると言われています。

その理由は、テキストだけよりも動画があった方がユーザーにとってより分かりやすく内容が濃いと判定され、動画コンテンツが優遇される可能性が高いというのがあります。

私のブログでも動画を使用した記事の方がやや上位表示されやすい傾向がありましたが、ただ、検証したわけではないので確実とは言い切れません。

あと、効果があるからといってあまりも1ページ内にたくさんの動画を貼り付けたり、内容と関係のない動画を挿入するのは逆効果になります。

WordPressブログにYoutube動画を埋め込むやり方

WordPressブログにYouTubeを埋め込むやり方は次の2通りあります。

①動画URLをエディタに貼り付けるだけ

実は、Wordpressでは動画のURLを投稿エディタに貼り付けるだけで簡単に埋め込みができます^^

この動画URLを、

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

このように↓

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

 

ここでは、テキストモードのエディタに貼り付けてみましたが、『ビジュアルモード』でも『テキストモード』でもどちらでもOK。

ビジュアルエディタに貼り付けた時は、貼り付けたらすぐこのように動画がプレビューされます。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

 

ただ、この方法で動画を埋め込むと、そのままではサイズの指定ができません。
コンテンツ幅の横幅に合わせて動画が埋め込まれます。

 

もし、サイズを指定したい場合はショートコードを使用します。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

②YouTubeの埋め込みコードを使う

YouTubeから提供されている埋め込みコードを利用する方法です。

 

貼り付けたい動画を表示したら、タイトルの下にある『共有>埋め込みコード』クリックすれば、動画の埋め込みコードを取得できます。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

 

詳細な設定をしたい時は、コードの下にある『もっと見る』をクリック。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

 

サイズの調整などの詳細設定ができます。
ここで設定を変更すると、埋め込みコードが書き換えられます。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

 

この取得したコードをあなたのブログに貼り付ければ埋め込み完了です!

TinyMCE Advancedを使ってビジュアルモードから埋め込む(推奨)

取得した埋め込みコードを『TinyMCE Advanced』プラグインの機能を使って埋め込むことができます。
このプラグインを使うと、ビジュアルエディタから画像を埋め込むことができますので、直感的で操作しやすいです。

もしまだTinyMCE Advancedを導入していなければ、こちらを参考にしてインストールしてください^^

REF: TinyMCE Advancedで簡単に記事作成する設定方法と使い方

 

プラグインをインストール&設定したら、投稿エディタのビジュアルモードのツールバーに下図のように『動画を挿入/編集』ツールが使えるようになります。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

 

動画を埋め込みたい場所で、このアイコンをクリックすると、このように埋め込みダイアログがでてきます。
ここに埋め込みコードを貼り付けて動画を挿入します。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

テキストエディタに直接貼り付け

または、投稿エディタのテキストモードに直接埋め込みコードを貼り付けても挿入できます。
テキストモードに切り替えなければならなので、少々煩わしいですが・・。

トレンドアフィリエイト,動画,埋め込み,youtube

動画利用の注意点

YouTubeの動画をブログに埋め込む際には、注意しておくべきポイントがあります。

『著作権』に関する注意点

動画には著作権があります。
なので、これを動画に埋め込んで利用することは著作権侵害になるのかどうかというところが気になるところですよね。

 

YouTubeの利用規約には、埋め込みコードを取得してブログに掲載したりSNSでシェアしたりすること自体は問題ないと明記されています。

なぜなら、ブログに動画のURLを貼ったり埋め込みコードを貼り付けても、動画データを送信しているのはリンク元、つまりYouTubeになります。

ですので、リンクを共有すること自体は著作権侵害にはなりません。

 

しかし、次の2つに該当する行為はNGです。

  1. 動画を何らかの方法でダウンロードしてそれを掲載
  2. 著作権を侵害して違法にアップロードされている動画をシェア

 

1は、もはやリンクシェアではなく、送信元がYouTubeではないのでNG。

2は、埋め込もうとしている動画が明らかに著作権を侵害しているコンテンツの場合です。
例えば、個人が勝手にテレビ番組や映画、コンサートなどを撮影している動画などですね。

これらの動画はそもそも著作権侵害ですし、埋め込み機能を使ってブログに掲載すると著作権侵害ほう助と捉えられてしまう可能性があります。

これは、アドセンスポリシーに反するコンテンツとなるので、絶対に利用しないようにしましょう!

 

もし、音楽PVなどの動画を埋め込みたい場合は、必ずオフィシャルなものを使うようにします。

そのあたりに関しては非常に著作権が厳しいところなので、オフィシャルなものが100%シロという訳ではありませんが、公式に公開されているものであればほぼセーフと考えてもOKでしょう。

『アドセンスポリシー違反』に関する注意点

アドセンス規約違反に引っかかる動画で特に注意すべき内容の動画は次の2つ。

  1. 著作権違反となる動画
  2. アダルトな表現が含まれる動画

 

まず、1の『著作権違反』は前述のとおりで、著作権で保護されているコンテンツを無断で使用してアップロードしている動画などです。
非公式な音楽PVやテレビ番組を録画したものなどが該当します。

 

2は、いわゆるアダルトコンテンツというやつです。
性的な内容のコンテンツが広告主のイメージ損失に繋がることを考えれば、なぜダメなのかは容易に理解できると思います。

あまりにも露骨にアダルトなものはもちろんですが、アイドルなどのPVで水着だったりへそ出しだったりする映像が写っている場合も避けてください。
露出されていなくても性的な意図で体の一部がロコツにフォーカスされているのもダメです。

考え方としては、お茶の間で家族団らんでテレビを見ていて気まずくなるような表現がある映像はダメだと思ってください。
『子供にも安心して見せられる動画かどうか』がポイントです。

こういったグレーな動画を紹介する時は、YouTubeの埋め込み機能を使わず、普通に外部リンクでYouTube本体の方に飛ばすようにしてください。

動画の貼り付け過ぎはNG

たとえアドセンスポリシーに引っかかっていない動画であっても、あまりにも1記事の中に多くの動画をペタペタ貼り過ぎるのはNGです。

動画は貼ろうと思えばいくらでも貼れますが、その分読み込みが遅くなってしまい、ユーザビリティの低下に繋がります。
すると、ユーザーの直帰率が悪くなり、Googleの評価もガタ落ちです。

動画埋め込みがSEO効果があるからと貼り過ぎることによって、SEOの低下に繋がるという意味の分からないことになってしまうので、動画は多くても3動画ぐらいにとどめておきましょう。