Googleアドセンスアカウントの審査が終わって、無事広告を使用できるようになったら、まず真っ先にやっておきたいこと、それは『広告表示許可サイト』の設定です。

これを設定しておかないと、せっかく頑張って取得したあなたのアドセンスアカウントを停止させるような行為を働く輩の被害を受ける(通称:アドセンス狩り)事態に遭遇してしまうかもしれません。

あなたの大切なアドセンスアカウントを守るためにも、広告表示許可サイトの登録は忘れずにやっておきましょう。

 

アドセンスの広告表示許可サイトを設定すべき理由

アドセンスの広告表示許可サイト設定とは、簡単に言うと、『自分が承認しているサイトのみアドセンス広告の表示を許可しますよー』という設定です。

この設定はアドセンス広告を利用して報酬を得ているなら、必ず!やっておいた方がいいです。

それはなぜかというと、『アドセンス狩り』のリスクヘッジのため。

 

『アドセンス狩り』というのは、悪意のある第三者が意図的にあなたのアドセンスアカウントを停止に追い込む行為のことをいいます。

これには2つの手口があります。

 

  1. 不正クリック
    あなたのサイトに設置しているアドセンス広告を手動またはツールによって何度もクリックし、アドセンス停止に追い込むこと。
  2. アドセンスコードの不正利用
    あなたのサイトに設置しているアドセンス広告コードを不正に取得し、それをアドセンス規約違反となるサイトに貼り付けて、アドセンス停止に追い込むこと。

 

どちらにしても、アドセンス停止になってアカウントが剥奪されると、これまで上げていた収益が一瞬にしてゼロの憂き目にあうわ、二度とアドセンスが使えなくなるわで本当に最悪なので、こればかりはなんとしても阻止していかねばなりません。

 

『広告表示許可サイトの設定』をやっておくと、アドセンス狩りの手口のうち、2の『アドセンスコードの不正利用』の対策になります。

つまり、この設定で許可したサイト(自分のサイト)以外に貼られた広告が万が一クリックされたとしても、そこからは収益が発生しないようにすることで、アドセンス停止を回避することができるのです。

広告表示許可サイトの設定方法

広告表示を許可するサイトを登録する手順を解説します。
非常に簡単です。

 

まず、Google Adsenseにアクセスして、上部メニューバーの左側にある歯車マークから『設定』をクリックします。

アドセンス,広告表示,許可,サイト

 

次に画面左側のメニューから『自分のサイト>サイトを管理』をクリック。
そして、『サイトを管理』の画面が表示されたら右上にある『+』をクリックします。

アドセンス,広告表示,許可,サイト

 

 

すると、『新しいサイト』を追加する画面になります。
ここでは、アドセンス広告の表示を許可するサイトのURLを入力します。

アドセンス,広告表示,許可,サイト

 

ここにはドメイン名のみ入力してください。
先頭の『http://』と最後の『/(スラッシュ)』は不要です。(もしうっかり入力するとエラーになります。)

例)nacostyle.com

 

『サイトの追加』をクリックすると、このように↓サイトがリストに追加されました。
ステータスも『確認済みのサイト』になっていますね。

アドセンス,広告表示,許可,サイト

 

お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました?

お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました

広告表示許可サイトの設定を済ませると、こんなメッセージがアドセンスの管理画面に表示されることがあります。

これが表示されるのは、広告表示を許可したサイト以外のサイトであなたのアドセンス広告が表示された時です。

 

理由として考えられるシチュエーションは次の4つ。

 

  1. 自分で新しいサイトを作成しそこにアドセンス広告を貼り付けたが『広告表示許可登録』をしていなかった時
  2. 海外からGoogle翻訳などの翻訳サイトを通してサイトが閲覧され、翻訳されたアドセンス広告がそこに表示された時
    ex) translate.googleusercontent.com
  3. 検索エンジンのキャッシュページからサイトにアクセスされ、アドセンス広告が表示された時
    ex) webcache.googleusercontent.com
  4. 第三者によってアドセンスコードを無断コピーされ、自分のサイト以外のサイトで広告が表示された時

 

結論からいうと、2〜4の場合は特に何もしなくて大丈夫です。

この場合、『サイト管理』のリストには、『未確認のサイト』として表示されるようになりますが、そもそもここであなたが認証していないのであれば、たとえクリックされたとしてもアドセンス収益の対象にはならないので、アドセンスアカウントは守られるからです。

 

1の場合は、早急に広告表示許可サイトに登録するようにしてください。
放置しておくと、自分のサイトの収益なのにクリックされても対象外となってしまい、収益の損失となってしまいます。

今後もあなたが新しくサイトを作りそこにもアドセンス広告を貼る場合は、必ずそのサイトのURLを広告表示許可リストに加えておくようにしましょう。