アドセンスブログ集客において、対策したいキーワードにどのぐらいの検索需要があるのか、月にどのぐらい検索されているのかを具体的に知りたいときは、Google AdWordsで提供されている『キーワードプランナー』を利用します。

トレンドアフィリエイトにおいては、検索エンジンからたくさんのアクセスを集めることが成果に直結するので、いかに検索ボリュームの大きいキーワードを狙ってキーワード選定できるかが肝になります。

当記事では、キーワードプランナーの使い方や見方を解説していきますので、このツールを使ってしっかりと大きな母数の取れるキーワードを選定するようにしましょう。

 

Google AdWordsの『キーワードプランナー』とは

キーワードプランナーとは、Google AdWords(アドワーズ)で使えるの機能の一つで、Google AdWordsで広告を出稿する広告主が、キーワードの検索ボリュームなどのデータを調べることができるツールです。

本来Googleアドワーズは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにクリック課金型の広告を配信したい広告主向けのツールですが、その中の機能である『キーワードプランナー』はブログ運営者にとってもとても役立つツールで、よく活用されています。

広告を出稿したい広告主にとっては、検索ボリュームが大きいキーワードでないと広告のメリットが小さくなってしまいます。
なので、検索ボリュームの大きさを調べる必要があるのでこのツールが提供されているのです。

 

一方で、効率よく集客したいトレンドアフィリエイトなどのブログ運営時にも、このツールは『検索されるキーワード』を調べるのに大いに役立ちます。

つまり、あなたがコンテンツを作成する際には、このキーワードプランナーを使って、

  • このキーワードはどのぐらいの検索ボリュームがあるのか
  • どんな関連キーワードと一緒に検索されているのか

ということをリサーチすることができ、対策するキーワード決定の際の参考にできるのです。

キーワードプランナーの使い方

それでは、早速キーワードプランナーを使ってみましょう。

キーワードプランナーを使うには、まずGoogle AdWordsのアカウントに登録する必要があります。
2016年3月から、最初の初期設定の手順が少しややこしくなりました。
まだ、登録していない方はこちらの記事を参考にアカウントを取得してください。

REF:Googleアドワーズのキーワードプランナーを無料で使う登録方法|2016

 

Googleアドワーズの上部のメニューの『運用ツール』の中に『キーワードプランナー』があります。

キーワードプランナー,使い方

 

『何から始めますか?』の画面が出たら、『フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索』をクリックして展開。

キーワードプランナー,使い方

 

詳細を入力します。
『宣伝する商品やサービス』欄には、検索ボリュームを知りたいキーワードを入力。
そして、『検索カスタマイズ』の『キーワードオプション』をクリックして展開したら、『入力した語句を含む候補のみを表示』をONにします。

 

キーワードプランナー,使い方

 

『候補を取得』をクリックすると、検索キーワードに対する関連キーワードの月間ボリュームと競合性が一覧で表示されます。

キーワードプランナー,使い方

月間平均検索ボリュームの見方

『月間平均検索ボリューム』では、そのキーワードの過去12ヶ月の検索数に対する1ヶ月あたりの平均値を確認できます。(期間は変更可能。)
つまり、そのキーワードが1ヶ月あたりどのぐらい検索されているかという目安ですね。

例えば『猫 カフェ』というキーワードだと、1ヶ月あたり平均74000回検索されているということが分かります。

また、青グラフの部分を見ると、そのキーワードの検索ボリュームの推移をチェックすることができます。
グラフにカーソルを合わせると、その月の検索数が表示されるので、具体的にその月に何回検索されたかも確認できます。

ちなみに、この『猫』というキーワードは、12ヶ月を通してだいたい検索ボリュームが一定であるので、一年を通して検索されている『ロングレンジキーワード』であることが分かりますね。

ただ、この『月間平均検索ボリューム』は、あくまで指定した期間の平均値であるので、時期によって検索数が大きく異なるキーワードに関しては注意が必要です。

検索需要が伸びる時期をチェック

例えば『サーキュレーター』というキーワードであればこのような結果になります。

キーワードプランナー,使い方

 

5月から8月にかけて検索需要があり、7月にピークをとっていますね。
ですので、このキーワードは夏に検索需要がある『ミドルレンジキーワード』であることが分かります。

このように、キーワードプランナーでは検索需要が伸びる時期をチェックできるので、いつそのキーワードでアクセスが回収できるのかということを調べられるのです。

もし、この『サーキュレーター』というキーワードをメインキーワードで記事にするならば、ピークが終わった9月とか10月とかよりも、ピークを取る約3ヶ月前つまり3月~4月にかけて記事を仕込んだ方が効果的だということになりますね。

REF:トレンドアフィリエイトのミドルレンジ戦略で爆発と安定を獲得!メリットやデメリットは?

関連キーワードをチェック

キーワードプランナーでは、検索キーワードに対する関連キーワードもチェックも簡単にできます。

『キーワード(関連性の高い順)』のリストにでてくるキーワードが関連キーワードです。
デフォルトでは30件までが表示されていますが、最大800件まで表示してくれます。

これらは、すべてCSVファイルで吐き出すことができます。

キーワードプランナー,使い方

 

スマホ利用の割合をチェック

検索キーワードは、PCからよく検索されるキーワードと、スマホからよく検索されるキーワードに違いがあります。
デバイスによって利用者の環境や状況が異なるため、検索されるキーワード自体も変わってくるからです。

キーワードプランナーでは、全体の検索数に対する『モバイル利用』の比率を確認することができます。

検索ボリュームのグラフ領域の左上にあるプルダウンから『モバイルの動向』を選択してみましょう。

例えば、『有村架純』の検索データを見てみると、ほとんどがモバイルからの検索であることが分かりますね。

キーワードプランナー,使い方

 

対して、『mac mini』の検索データはこうです。
モバイルの割合が少ないですよね。

キーワードプランナー,使い方

 

このように、モバイルの割合を知ることでそのキーワードがどのような特徴を持っているかが分かります。
トレンドアフィリエイトにおいては、圧倒的にスマホからの流入が多いです。

■■ スマホユーザーの特徴

  • 今すぐ知りたいことなど即時性の高いキーワードを検索
  • 芸能人、SNSに関連するキーワードを検索
  • 感情語を検索→『面白い』『やばい』『眠い』
  • メインキーワードだけ打ち込んでサジェストで関連キーワードを検索
  • 比較的若い世代が多い

■■ PCユーザーの特徴

  • B to B商品が検索キーワード
  • じっくり調べたい系のキーワードを検索
  • 目的を持って検索する
  • 比較的ユーザーの年齢層が高い

『競合性』について

競合性は、『高』『中』『低』の3段階があり、これは『このキーワードで広告を出稿している広告主の多さ』を表しています。

キーワードプランナーは、本来Googleアドワーズを利用する広告主のツールであるので、あくまでもこの競合性は広告枠を勝ち取りたい広告主がどのぐらいの度合いで競い合っているかを表している、ということです。

競合性が『高』であるということは、そのキーワードが売上に直結しやすいキーワードであるからです。
例えば『パソコン おすすめ』というキーワードが競合性が『高』であるのは、このキーワードで検索する人はパソコンの購入を考えているユーザーである可能性が高いですよね。

 

では、コンテンツ作成のために対策キーワードを調べようとするブログ運営者にとっては、『競合性』はどこまで重要なのでしょうか。

結論からいうと、『競合性』の度合いはSEOとは関係がありません。

競合性が『低』となっているキーワードはライバルが少ないと捉えられがちですが、これはあくまでもそのキーワードに広告を出している広告主の数やそこにかけている資金に決定されるものなので、上位表示の難しさを表したものではないということです。

確かに、競合性が『高』のものは検索すると広告がたくさん上がっていますが、このキーワードで対策している記事が少ないということもあるので、この指標は参考までに見ておいて、実際に検索結果でライバルチェックを行うようにしましょう。

REF: トレンドアフィリエイトのライバルチェックで勝てるキーワードを探すリサーチのポイントと方法