当記事ではネットビジネス、特にトレンドアフィリエイトの実践において、成果を出すまでの作業の『量』と記事の『質』のバランスと考え方について解説してまいります。

 

『質』か『量』か。
成果を上げるにはどちらを重視すべきなのでしょうか?

 

ある人は

nyannyan

『トレンドアフィリエイトはとにかく量!記事の量でカヴァーすべき!』

とも言いますし、ある人は

another nyananother nyan

『いやいやそんな時代は終わりましたよ。今は質の時代です。』

とも言います。

 

確かにある限られた時間の中で、品質を上げようとするならばその分時間が取られてしまいますし、記事数を増やそうと思ったら1記事あたりの質が低下してしまう可能性もありますよね。

しかし、もしあなたの中でこの問いが二項対立になっているとしたら、少し考えてみてもらいたいのです。

成功者は圧倒的な『量』と『質』を兼ね揃えていますが、最初からその両方をとっていたのかどうか。

これを考えるにあたって『質量転化の法則』という考え方があるのでご紹介しますね。

 

質量転化の法則とは

『質量転化の法則』とは、圧倒的な『量』をこなすことで、『質』的な変化が表れるというもの。

もともと物理学の用語で、『相転移』といい『量的な変化が大きくなれば質そのものが変化する』というものです。

例えば、『水』。
水に熱量を加えていくと、ある温度に達したところで水蒸気に変わりますよね。

このようなある一定量を積み重ねることで質的な変化を起こす現象は、物理の世界だけはなく、実は学習や物事の習得にも当てはまります。

 

例えば、あなたが自転車に乗れるようになった時のことを思い出してみてください。

最初はバランスが取れなくて全然前に進めることができず、コケたら痛いし、ウンザリして嫌になったかもしれません。
それでも、自転車で自由に走れることを想像しながら、コケても膝を擦りむいても何度も練習しましたよね。

そのうちに、ある時スッと自転車が前に進んで自在にコントロールできるようになったのではないでしょうか。

つまり、圧倒的な作業量(=自転車の練習)を重ねることで、質的な変化(=操縦可能)をもたらしたということです。

なぜ『量』は『質』に転化されるのか

それでは、なぜ物事の習得や成長において、『量』は『質」に転化されるのかを考えてみましょう。

何事も、最初はどんなに一生懸命いいものを作ろうとしたり、最高のパフォーマンスを出そうと思っても100%のものを生み出すことはできません。
なぜならそこには圧倒的に『スキル』『センス』『コツ』『知識』といったものが足りないからです。

そこでまずは練習を積み重ねる必要があるのです。

そうなると、最初はうまくやったりいいものを作るためのリソースが少ないため、やればやるほど失敗する機会が多くなります。

つまり、『作業量』が増加すると比例して『失敗数』も多くなるということです。

 

ところが、その状態を積み重ねていくとあなたに『スキル』『センス』『コツ』『知識』といったようなリソースが備わってきます。
そして、これらのリソースがある一定ラインまで達したところで、ブレイクスルーが起こり、今度は逆に『失敗数』が減少していくのです。

質量転化の法則

失敗の数が減っていくのですから、今度はそのものの質が上がっていくというわけです。

 

面白いのは、この『質量転化のポイント』が点であるということです。
水が水蒸気になる温度が『沸点』であることと同じく、ブレークポイントは段階的にでなくある一点で起こるのです。

そして、このブレークポイントが現れるのが早いか遅いかは、作業の取り組み方によって変わってきます。

  1. 量をこなして自然に質に転化されるケース
  2. 量をこなしながら、質に転化するにはどうしたらよいかを試行錯誤し工夫を行ったケース

ブレークポイントの出現が早まるのは、ご想像のとおり2のケースですね。

つまり、量をこなしていく中でその中で生まれた『失敗』を自分の『経験』として意図的にに取り込み、ブレイクポイントに達するためのリソースを増やしていけるかどうかというのが重要なのです。

トレンドアフィリエイトの『質』と『量』の考え方

それでは、トレンドアフィリエイト実践において、この『質』と『量』をどのように考えていけばいいのでしょうか。

確かに最近は記事の『質』が重視され、検索エンジンにも高い評価を受ける一因となってきています。
しかし、それでも最初は『量』を重視しなければいけない理由がこの『質量転化の法則』にあります。

 

これに則って、トレンドアフィリエイト実践においてはおおよそ次のように記事の『質』と『量』を考えていくといいでしょう。

質量転化の法則

START :ブログを立ち上げたばかりの時
PHASE1:キーワード選定ができるようになるまで
PHASE2:そこそこキーワード選定のスキルができるようになったら
PHASE3:そこそこブログが強くなってきたら

 

あなたがブログアフィリエイトの初心者で、サイトを立ち上げたばかりの頃は、とにかく『集客』のスキルを何よりも再優先に身につけなければなりません。
『集客』というのは、つまり『キーワード選定』ですね。
これができるようにならなければ、いつまでもたってもサイトにアクセスが集まらずブログが一向に育っていくことはないです。

また、サイト立ち上げ時は、クローラーの訪問頻度も少ないのでそもそも検索エンジンに気づいてもらえません。
検索エンジンに評価されないままだと、いつまでたっても検索上位を勝ち取ることができないので、これもアクセスが集まらない要因になります。

従って、サイトはとにかく記事更新量を再優先に考えていく必要があるのです。

『良いものができてから世に出したい』という人もいますが、先に良い商品を作るのでなく、人を集めてから良いものを提供するというぐらいの気持ちでいいと思います。

最初の段階で絶対に『質』を求めないようにしてください。
『質』というのは最初の段階で100%になることは到底ありえません。
こっちを先に執着してしまうと結果を出すのが極端に遅くなってしまいますので。

 

そして、キーワード選定のスキルが上達しブログにそこそこアクセスを集める力が身についてきたら、徐々に『質』のウェイトを大きくしていきます。
『質』を高めることで、ユーザーやGoogleからの評価が高くなり、結果さらにブログの成長を加速させていくことができます。

そうしてブログが強くなってくると、今度は更新数が少なくなってもアクセスがそこそこ集まってくる、という現象がおこるようになってきます。
ここまでくると、『質』のウェイトを多くしていくのがいいでしょう。

 

初期段階では、やれどもやれどもアクセスが集まらないです。

これも前述の自転車の例と同じですね。
作業量や更新数が増えれば増えるほど、『失敗数』が増えるわけですから、『あ〜またハズした・・』というガッカリの連続かもしれません。

しかし、あなたがこのフェーズで積み上げているものは『経験の量』です。
この経験の量を一定量積み上げたところで、一気にブレイクスルーが起こります。

 

よくトレンドアフィリエイトの実績者の方が、『作業量』と『アクセスの伸び』は比例しない、と言っているのを聞いたことがあるかと思いますが、これは、水が水蒸気に変化する温度が一点であることと同じく、量が質に転化されるポイントが一点であることを物語っていますね。

質量転化の法則

 

また、確実のこのブレイクポイントを早い段階で射止めるには、前述の取り組み方の『2』を意識していくのがいいですね。

『量』をこなせば自然と『質』に転化されるだろうと何も考えないで続けていても、記事を更新することが目的になってしまい、結果を出すという本来の目的を忘れてしまいます。

つまり、

作業をしたら必ず検証結果を振り返る。
何が良かったのか、あるいはいけなかったのかを自分なりに考察する。
そしてそれを次の作業に活かす。

このサイクルを回していくことで、ブレイクスルーポイントが早く訪れるということですね。

 

まとめ

結局、ビジネスで成果を出すために『質』か『量』のどちらが重要かの答えとしては、最終的には『両方必要』ということです。
世の天才といわれる人たちは、例外なく『質量転化』を経て偉業を成し遂げています。

天才なら両方を追求できるが、凡人はトレードオフになるということではありません。

良い成果を出すために『質』が必要で、そのためには『量』が必要になるのです。

もしこの問いで立ち止まってしまっているのなら、この『質量転化の法則』の中で自分が今どのフェーズにいるのか、結果を出すにはどのように質と量のバランスを考えていけばいいのかを今一度振り返ってみてくださいね。