Google XML Sitemapsプラグインは、検索エンジンのクローラーに対しサイトの更新情報を効率良く伝えるためのXMLサイトマップを作成し、自動的に送信してくれるプラグインです。

あなたが作成したコンテンツが検索エンジンにいち早くインデックス化されるためには、効率良くクローラーに情報を伝えることが必須になりますが、そのために必要なXMLサイトマップを自動的に作成してくれるので、SEO対策ともなるクローラービリティの向上に非常に役立ってくれるプラグインです。

サイトの更新情報を検索エンジンに円滑に反映していくため、必ず導入いきたいプラグインですね。

当記事では、Google XML Sitemapsの設定方法や使い方、そのメリットなどについても解説します。

 

 

サイトマップとは

サイトマップとは、サイト内のページリンクをまとめ、そのサイトにどんな情報があるかを伝えるためのものです。
いわゆる「目次」のようなものとイメージしていただければいいでしょう。

サイトの構成を伝えるためのサイトマップには、次の2種類のものがあり目的がそれぞれ異なっています。

・ 人間用(HTMLサイトマップ)
・ 検索エンジン用(XMLサイトマップ)

人間用のHTMLサイトマップは、サイト訪問者がウェブサイト内で目的の情報を見つけやすくするためのもので、ユーザビリティの向上に役立てるページです。

対して、検索エンジン用のXMLサイトマップは、サイトの更新情報をもれなく知らせるという目的があります。
検索エンジンには「クローラー」というインターネット上のあらゆるWebサイトの情報を取得するプログラムがありますが、このクローラーがあなたのサイトを巡回しに来て、コンテンツのデータが取得されることではじめてサイト情報がインデックス化されるという仕組みです。

ところが、仮に新しいページを作成した時などはクローリングされるまでに時間がかかったり、通常のクロール処理では拾いきれない情報もあったりするのですが、xmlサイトマップをこちらから送信することで、検索エンジンにサイトの全ての情報をもれなく伝えることができる上、迅速にインデックスしてもらうことができるようになります

クローラーにサイトを効率良く巡回してもらえるようにクローラビリティを向上していくことは、SEO対策の基本なりますので、見えにくいところではありますが、しっかりと意識していく必要があります。

 

 

Google XML Sitemapsプラグインのメリット

かといって新しくページを作成する度に、手動でXMLサイトマップを作成し送信するのは非常に手間な作業になりますので、、ページを公開したら自動的にXMLサイトマップを作成し送信してくれるプラグイン「Goolge XML Sitemaps」を使用していくのがいいでしょう。

このプラグインのメリットは以下のとおりです。

・ 記事を公開・更新する度にサイトマップを自動的に作成する
・ 作成したサイトマップをクローラーに送信する
・ GoogleとBingの検索エンジンのクローラーに対して情報を伝える
・ XMLサイトマップが正常に検索エンジンに送信できたか確認できる
・ サイトの各ページが正常にインデックスされているかどうか確認できる
・ ページのインデックス速度の向上
・ サイトマップにどの情報を含めるかを個別に指定することができる

 

 

Google XML Sitemapsをインストールする

それでは、早速Google XML Sitemapsをインストールしていきましょう。

ダッシュボードメニュー>プラグイン>新規追加

から、Google XML Sitemapsを検索して、「今すぐインストール」をクリックします。

622_2

インストールが完了したら、有効化まで進めてください。

Ref: WordPressプラグインをインストールする3つの方法と有効化

 

 

Search Consoleでsitemap.xml(サイトマップ)を送信する

Google XML Sitemapsのインストールが完了したら、作成されたサイトマップをSearch Consoleで送信する設定を行います。

最初にこの設定を行わないと、サイトマップはいつまでもGoogle送信されません。

 


1. サイトマップのインデックスファイルのURLを確認する

ダッシュボードメニュー>設定>XML-Sitemap

 

622_7

 


2. Search Consoleからサイトマップを送信する

Google Search Console にアクセスします。

アカウントでログインしたら、ダッシュボード画面に「サイトマップ」という項目があります。
こちらはまだ「サイトマップがありません」と表示されていますね。

この「サイトマップ」をクリックしてください。

622_8

次に「サイトマップの追加/テスト」というボタンをクリックします。

 

622_9

すると、下図のようにxmlサイトマップのファイルパスを入力する画面になります。
ここに、Google XML Sitemapプラグインの設定画面で確認したファイルパスと同じになるように空欄に/(スラッシュ)以下を入力してください。
(変更していなければ「sitemap.xml」と入力)

622_10

入力したら、「サイトマップを送信」を押して、設定は完了です。

 


3. 確認

ページを更新して、ダッシュボード画面に戻ると、サイトマップの項目がこのように表示されています。
「自分のサイトマップ(*)」と表示され、「*送信いただいたURL」と記載があれば、sitemap.xmlは無事送信されています。

622_12

 

また、サイトマップ項目の中身を確認すると、このようにサイトマップが登録されていますね。

622_11

以上で、サイトマップの登録は完了になります。
初回に設定しておくと、後は自動的にプラグインがsitemap.xmlが送信してくれますので、必ずサイト立ち上げ時に設定を済ませてしまいしょう!