世の中には多くのレンタルサーバーを提供している業者があり、さまざまなサービスや特徴がありますが、ネットビジネスやアフィリエイトを実践する上でのサーバー選び一つとっても非常に難解で悩めるところかもしれません。
ネットビジネスはサイト運営が基軸となるので、もちろんサーバを自分で取得していくところから入っていくのですが、できるだけその用途に適したサーバーを選びたいものです。

当サイトでは、アフィリエイトを実践する方には断然Xserver(エックスサーバー)の利用をおすすめしています。

何故サーバー選びが重要なのか、またXserverを選ぶメリットとは何なのか、このあたりを中心にご説明し、Xserverの新規申し込みや料金の支払い方法についても解説していきます。

 

 

Xserverのメリットとは?おすすめする理由

表示速度が速い

エックスサーバーのサーバースペックは、最新16コアCPU「 Xeon E5-2630 v3( 2.40GHz )」、メモリーは大容量の「96GB」と驚異的な高性能マシンを搭載しているので、体感速度は非常に速く、他社の追随を許さないほど圧倒的な表示速度に対するこだわりを持っています。

他社の表示速度と比較してみると、

エックスサーバー(X10): 2.4秒
ヘテムル: 2.7秒
ロリポップ(チカッパ): 2.8秒 
さくらサーバー(プレミアム): 3.2秒

という計測結果がでており、エックスサーバーは不動の1位を獲得し続けている状況です。

サイト表示速度は、集客のための重要なファクターとなり、アクセスチャンスを逃さないためにも、サイト運営者は速度にも気をつけていかねばなりません。
また、最近ではGoogle検索エンジンもサイトの表示速度を重要視している傾向にあり、検索順位にも影響されるようになってきています。

つまり、ユーザビリティの点からもSEOの点からも、「高速である」というのは非常にメリットが大きいのです。

 

データ容量が大きい

エックスサーバーのデータ容量は下記のとおり。

X10: 200GB
X20: 300GB
X30: 400GB

数字だけみても、これがいかに大容量かというのはピンとこないかもしれませんので、例を挙げてみましょう。

これは、NACOが運営しているエックスサーバー(X10)の容量の情報です。
ちなみに、3サイト合わせて現在300記事ほど公開しています。

75_8

現在ディスク使用量は8.78GBとなっており、空き容量は186.53GBです。

ということは、容量をいっぱいにするにはあと6217記事投入できる、という計算になります。
まだまだいけそうですね。

 

安定性が優れている

エックスサーバーがアフィリエイトサイト運営者に支持されている理由として、抜群の安定性といった点も非常に大きいでしょう。

サーバーはアクセス過多になり処理しきれなくなると、500エラーまたは503エラーを返し、Webサイトのコンテンツ内容が閲覧できなくなります。

このエラー下のサイトには「Service Temporarily Unavailable」のメッセージが表示されるので、サイトを訪れたユーザーのその後の行動は、素早く「戻る」ボタンを押して、他のサイトに流れていくことになります。

これは言い換えると、Webマーケッターにとっては獲得できていたはずの収益チャンスとアクセスを取り逃すという致命的な状況に他なりません。

特に、トレンドアフィリエイトといった手法では、アクセスが短期間に急激に集まる「アクセスの爆発」といった現象に遭遇する場面もあるかと思いますが、こういった瞬間的なアクセスの負荷に耐えられるという安定性は大きなポイントになってくるでしょう。

エックスサーバーの安定性には非常に定評があり、稼働率は99.99%以上とされています。
つまり、ほとんどサーバーダウンの心配はないということですね。

この信頼できる安定性こそが、アフィリエイト実践者に選ばれる理由といっても過言ではないでしょう。

 

MySQL(データベース)が最大50個まで使用可能

データベース(detabase)とは、「データの基地」つまり情報を保管し格納しておくためのもの。
データベースはサーバー内にインストールされている「データベース・ソフトウェア」によって管理されています。

WordPressは「mySQL」というデータベース・ソフトウェアが利用されています。

名前はさておき、エックスサーバーはこのデータベースが最大50個まで使用可能(X10の場合)。
つまり、Wordpressサイトを50個所持できるということになります。

他にもデータベース無制限使用可のレンタルサーバーもあるのですが、ディスク容量や転送量が少なかったりして、現実的にはほとんどの場合無制限どころか数サイトで限界値に達してしまうケースがほとんどです。

エックスサーバーの場合は、ディスク容量が200GB、転送量が70GB/日という十分なスペックを持っているので、MySQLが使用できる限界量も必然と多くなります。

サイトを目的によって立ち上げる場合や複数サイトを運営する場合にも有効です。

 

サポート体制が行き届いている

エックスサーバーはユーザーサポートが大変充実しているのが特徴です。
エックスサーバーのサポートに関するアドバンテージは以下のとおり。

圧倒的なコンテンツ量を誇るマニュアルを完備
電話サポートの対応が良い
メールサポートは24時間365日対応でレスポンスが速い

サーバーの知識やナレッジは、数年サイトを運営しているようなアフィリエイト熟練者にとってすら、まだまだ理解しきれないほど専門的でかつ革新的なITの進化より変化の大きい分野です。
ましてや、サイト運営初心者にとっては、非常に難解に感じられても無理はないでしょう。

ところが、コスト的な理由からサポートに関するサービスが充実しているレンタルサーバーは少なく、メール対応までがせいぜいで、あっても返信が遅く1週間たっても返事がこないというケースも見られます。

エックスサーバーは、メールサポートのレスポンスが早く、遅くても次の日までには返信が来るといった印象。
さらに、電話サポートも大変繋がりやすいので、ストレスなく利用することができます。
レンタルサーバーで電話サポートがついているというだけでも稀有ですが、さらに対応力のクオリティの高さは非常に評価できる点でしょう。

Xserverサポートの詳細
■ メールサポート
メールフォームはこちら

■ 電話サポート
平日 10:00-18:00
TEL 06-6147-2580

■ エックスサーバーマニュアル
マニュアルはこちら

 

コストパフォーマンスが良い

これだけの高性能、高品質なサービスを提供しながらも、月額が1000円と非常にコスパが良いのも特徴です。

月額1000円というと、多少お高く感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、上記のようなメリットを受けられないサーバーを選択してしまうと、それに伴う収益損失やサーバーメンテンナンスのために使う手間と時間のロスがかえって大きくなってしまいます。

これは結局「稼げない」状況を作る一因にもなりかねませんので、土台固めはしっかりとするという意味でもサーバー選びは最善の選択をしていくのが良いですね。

 

ネットビジネス実践者の利用率が高い

ネットビジネスにこれから挑戦していこうとする初心者にとって、エックスサーバーを選択するメリットとして挙げられるのが、ネットビジネス実践者のエックスサーバーの利用率が高いという点にもあります。

メンターがエックスサーバーの利用者である場合、必然的にメンターからのサポートも手厚くなります。

ネットビジネス運営下におけるサーバーのトラブルなどの事例にも豊富なナレッジがあり、問題を解決する近道になるでしょう。

 

Xserver新規申し込み方法

それでは、早速Xサーバーの新規申し込みをしていきましょう。
手順は下記のとおりになりますので、これに沿って申し込みを行ってください。

 


1. XSERVERのHPへアクセスします。

TOPページのメニューバーまたは右サイドにある「お申込み」をクリックしてください。

75_2

 


2. サーバー新規お申込み画面で、「お申込みフォーム」をクリック。

 

75_3

 


3. 「新規お申し込み」をクリック。

利用規約に同意して次に進みます。

75_6

 


4. Xserverお申し込みフォーム画面では、「新規サーバー」のお申し込みをクリックします。

 

75_7

 


5. サーバーIDを入力します。

サーバーIDは、半角英数字(ハイフン可)の3~12文字で好きな文字列を設定できます。

75_4

 


6. 必要事項を入力し、「お申込内容の確認」を押下します。

75_5

赤色の項目は必須事項となりますので、漏れのないように入力してください。

プランは、最初は「X10」を選択しましょう。
X10でも充分すぎるほどのスペックがありますので、迷われる必要はありません。
今後、将来的にプランを変更することもできますので、最初はX10を選んでいきましょう。

ちなみに料金は、下記のようになります。

X10プラン初回契約料金

契約期間 初期費用 月額費用 合計
3ヶ月 3000円 1200円 6600円
6ヶ月 3000円 1100円 9600円
12ヶ月 3000円 1000円 15000円

最後に「お申し込みをする」ボタンを押下し、サーバーの申し込みは完了です。

 

Xserverの料金の支払い手順

サーバーの申し込み完了後の料金の支払い方法についてご説明します。

サーバーの申し込み後、登録のメールアドレスに「Xserverサーバーアカウント設定完了のお知らせ(試用期間)」というタイトルのメールが届きます。

75_9

こちらは非常に重要な情報が記載されているので、誤って削除することのないよう内容を保存しておくことをおすすめします。

タイトルに「試用期間」と記載があるのは、申込完了後10日間の無料お試し期間となっているためです。
この間、料金の支払いを完了させ、正式に契約を続行させてください。
支払いが完了した時点から、正式な利用期間となります。

ちなみに支払いを忘れると、サーバーは停止されますので、忘れずに支払いを済ませるようにしましょう。

料金の支払い手順は以下のようになります。

 


1. インフォパネルにログインする

75_10

トップページ「ログイン」を押下すると、インフォパネルへのログインページが表示されます。
ここに、メールに記載されている会員IDとパスワードを入力して、ログインしてください。

 


2. 左カラムの「決済関連」項目にある「料金のお支払い」をクリックします。

75_11

 


3. 「サーバー契約一覧」項目の中の該当のドメインにチェックを入れ、更新期間を選択し「お支払い方法を選択する」ボタンをクリックします。

75_12

4. 次の画面では、お支払いの種類を選びます。

支払い方法は

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニエンスストア
  • ペイジー

から選択できますので、ご希望の方法の決済画面に進み、画面の案内の沿って支払い手続きを進めてください。