よく、トレンドアフィリエイトで稼げない人の特徴に

サイトデザインを凝って記事を更新できていない人

ということが挙げられているのを見かけます。

たしかにその通りですね。
収益に直結させるためにまずはあなたがしなければいけない行動は『記事を更新すること』です。

今回は、これを前提としてトレンドアフィリエイトにおけるサイトデザインの考え方について述べていきたいと思います。

 

トレンドブログでデザインは本当に重要でないのか?

『トレンドアフィリエイトはデザインは全く必要ありません』
『訪問者は情報が欲しいのであってあなたのサイトデザインを見ている訳ではありません』

本当にそうでしょうか?

 

ここで言わんとしていることはもちろん分かります。
よくクオリティを追求する人や完璧を求めようとする人でありがちなのですが、『本来エネルギーを一番使うべきところを疎かにしてしまっている』ことです。

最初にこれだけは強く言っておきたいと思いますが、トレンドアフィリエイトで稼ぎたいのならしっかり記事を更新しなければなりません。
これを疎かにしていると、いくらデザインを凝ろうがサイトを高速化しようがアナリティクスを眺めていようが、絶対に稼げません。

ですので、あなたがそこの優先順位を踏まえているという前提で、じゃあデザインは必要かそうでないのか、ということを述べていきたいのです。

Webサイトとは『お店』

結論から言うと、トレンドアフィリエイトサイトであってもサイトデザインは重要だと私は考えています。
正確にいうと、優先順位的には『キーワード選定』だったり『価値のあるコンテンツの作成』が重要ですが、サイトデザインの重要性も少なからなず無視はできないということです。

なぜならWebサイトとはあなたのビジネスをより多くの人に知ってもらうためのものであるからです。

 

例えば、あなたがカフェのオーナーだったとして、お店に訪れてくるお客様にサービスを提供しているとしましょう。

収益に直結する部分、それはもちろん商品であるドリンクとフードですよね。
それらを盛るお皿やカフェの内装または小道具のもろもろ、これらはお客様が直接対価を支払うものではないので収益には直結しません。

しかし来客してくるお客様に最高のサービスを提供しようとするとき、味が良ければ外観は別にいいだろうとその辺にあるありきたりなカフェと同じような店構えにしますか?

しませんよね・・?

 

あなたにもこんな経験はありませんか。

ふと街を歩いていると、自分好みの素敵なカフェが目に飛び込んできた。
とても良くて今まで見たことないような個性的な雰囲気があって、味は分からないけどつい足を止めて中の様子を伺いたくなった。

これがもし、街中にあふれる全てのカフェが『○○ーバックス(もどき)』だったら、

『あ〜またこんな感じか』

と気にも止めないばかりかウンザリしてしまうかもしれません。

このようにお店の外観や雰囲気から商品の価値自体を見積もられてしまうことが往々にしてあります。

 

同じように、Webサイトは検索ユーザーにとって『お店』であるということです。
これはトレンドサイトといえども例外ではありません。

よく専門ブログや特化ブログはデザインは重要だがトレンドサイトは重要でないという人もいますが、『トレンドサイト』という名前がつけば何か特殊な別のモノというわけではないのです。

検索ユーザーにとっては、それが特化サイトだろうが、ごちゃまぜブログだろうが、『価値のある情報』を求めてあなたのサイトにやってきているわけですから。

 

アドセンス広告の収益といえども、あなたはユーザーにサービスを提供してその対価を受け取っているわけですよね。
1円でも収益が発生している以上、それはすでに『プロフェッショナル』です。

プロである以上お客様であるユーザーに最高のサービスを提供していくことは当たり前のことですよね。
稼げればいいという前提で話をしているから稼げないのです。

デザインは収益に関係のないところだから気を使う必要がない、というのは

『料理が美味しければ店の内装なんてどうでもいいでしょ別に他の店と同じ感じでも。』

と言っているようなものです。
そして、たいていそんな店は肝心の料理すらたいして美味しくはありません。

トレンドアフィリエイトはアクセスを伸ばすことが重要だからデザインにオリジナリティが必要でないと思っていると、どうせコンテンツもオリジナリティのないどこでもあるようなコンテンツだろうと安く見積もられてしまう危険性もあります。

たとえどんなに役に立つ良い記事を書いていたとしてもです。

手動ペナルティとの関連性

手動ペナルティとは、Googleのスパムチームの担当者が目視でチェックを行い、『価値のない質の低いコンテンツ』などのインデックスするに値しないサイトを、検索順位低下あるいは圏外に飛ばすという措置を行うものです。

トレンドアフィリエイトという手法が普及し、誰もが『同じような』テンプレートで『同じような』コンテンツで記事を量産した結果、『同じような』サイトが検索上位を占めてしまう事態になったことを、Googleは非常に由々しき事態だと捉えています。

ですので、現在もその意向は変わらず、パッと見た瞬間『あ、またこの手のサイトだ!』と思われてしまうということは、手動ペナルティのリスクが高いということです。

その判断はデザインのみではなくコンテンツやキーワードも含めて総合的に判断されているため、デザインだけ変えればいいというものではありませんが、少なくともファーストインプレッションで『この手のサイト』と思われない工夫は必要です。

デザインのオリジナリティというのも当然チェックポイントに入っていますので、最低のリスクヘッジとしてデザイン面も無視できない要素でははいでしょうか。

エド・バーネットの『40:40:20の法則』

『40:40:20の法則』とは、マーケティングを成功させ収益を生み出すための3つの要素の重要度の分配比を表した法則です。

これは、ダイレクト・マーケティングで著名なエド・バーネット氏が提唱したものですが、マーケティングの3つの成功要素である『ターゲッティング』『オファリング』『クリエイティブ』の重要度をそれぞれ比率で示したもの。

具体的にはこのようなものです。

40%→ 商品の品質は確かか →オファリング
40%→ 正しい顧客にアプローチできるているかどうか →ターゲッティング
20%→ プロモーション領域(コピーライティングやパッケージデザイン) →クリエイティブ

 

これをブログ運営に置き換えると、こうなります。

40%→ コンテンツの質(信頼性や価値があるかどうか)
40%→ キーワード選定(検索ユーザーのターゲッティング)
20%→ サイトデザイン・サイトタイトルやサブコピー

 

つまり、デザインは20%の部分に当たりますね。

ここから解釈できるのは、まずあなたのブログがしっかりと収益を上げていくためには『キーワード選定』と『良いコンテンツの提供』をがんばる必要があります。

しかし、デザインやサイトタイトルのネーミングもゼロではないよ、ということです。
(この観点からいうと、トレンドサイトのネーミングはなんでもいいだろうという考えにも『?』が付きますね)

REF:トレンドアフィリエイトのサイトタイトルの決め方や付け方の注意点

 

トレンドブログに適したデザインとは?

トレンドサイトへの検索ユーザーの流入の80%以上がスマホからの流入で、かつ、検索エンジンから記事ページへのアクセスとなることから、ファーストビューでトップページのデザインがあまり見られることはないというのは事実です。

しかし、検索ユーザーがあなたのコンテンツに非常に満足した場合『このサイトは他にどんな記事があるんだろう?』とその他のリンクに興味を示すことがあります。

その時、PCですと人気記事や関連記事に目が行く可能性が高くなりますが、スマホの場合はそれらの記事がコンテンツの下に追いやられているため、かなりの確立でヘッダーからトップページに向かうことも多いです。

いくらスマホがデザインやレイアウトがPCよりも反映されないからと言って、他のトレンドサイトと『同じような』デザインにしておくことはやはりよろしくはありません。

トレンドブログでデザインに気を付けなければいけない目的は何も『お洒落でカッコイイ』ものにすることではありません。
(お洒落でかっこ良ければユーザーの印象が良くなるというメリットがありますが・・)

『他の(稼げていない)トレンドサイトと似たようなデザインを避ける』ということが一番の目的だと考えてください。

この観点から考えると、原型を留めないくらいにカスタマイズするというのが一番理想的ですが、初心者の方にとっていきなりサイトカスタマイズは敷居が高いですし、そもそもそこで時間を取られてしまって躓いてしまうということも考えられます。

ですのでテンプレートはできるだけ、

  • デザインがデフォルトでシンプルなもの
  • カスタマイズしやすいもの

を選ぶといいでしょう。

REF:アドセンスブログの最適テンプレートの選び方のポイント

海外のテンプレートなどデザイン性の高いものがたくさんありますが、そういったものはSEO対策が施されていなかったり、カスタマイズやサポート情報が少なかったりして、『アクセスを集める』ブログテンプレートに向いていなかったりします。

ですので、まずはシンプルなテンプレートを選び、できるだけヘッダー画像などでオリジナリティを見せるように体裁を整えるようにするのがいいでしょう。

ただし優先順位を忘れずに!

ただしエネルギーを注ぐところの優先順位を忘れないようにしてください。

デザインが大事だ、とはいってもそれはメインディッシュを魅力的に見せるための皿でしかありません。

デザインばかり気にして時間をかけて、コンテンツ作成をほったらかしにしていては本末転倒です。
カフェ運営の例えでいうと、めちゃくちゃオシャレな内装を作るのにばかり時間をかけて、肝心のコーヒーやらケーキやらを作らないのと同じことです。

デザインに時間がかかってしまうようだったら、最初はシンプルめなテンプレートを選び、そこそこに見栄えのする画像を使うなどして最低限の体裁を整えるようにしましょう。

ただしユーザーに『あ、またこのテンプレート・・』と気が付かれないようにしてください。
こう思われた時点で終わりです。

ですので、初心者の方は改変のしやすいテンプレートかデザインが最初からシンプルなテンプレートを選んで、最初はコンテンツ作成に注力していけばいいでしょう。
そして、それなりにコンテンツが充実して客足も頻繁になってきたら、デザイン面を少しずつ充実させていけばいいのです。

もし、自分でデザインができない場合は外注するなどして人の手を借りるようにしてください。

ただし、あなたがデザインに使える労力は全体のうち最大で20%までです。

あくまでも再優先にすべきは、記事作成だということを忘れないようにしてくださいね^^