78_1

プラグインとは、Wordpressをより便利に使っていくための機能を拡張するツールです。
プラグインは、現在も多くの人によって開発・公開されており、自分の環境に合わせてWordpressに機能を追加したり取り外したりが可能ですので、非常に利便性が高いですね。

プラグインは大変便利なものなのですが、あまりにも多くのプラグインがあるので、Wordpress初心者にとっては一体どれを使っていいものやら悩めるところかもしれません。

また、プラグインには「相性」があり、お互いのプログラムが干渉しあってうまく動作しないこともあったり、似たような機能のものがいくつか存在していたりしてプラグイン選びだけで時間を取られてしまうことがあるでしょう。

そこで今回は、Wordpress初心者がまず最初に導入するべきプラグインを厳選してご紹介していきたいと思います。

 

集客の基本!SEO・マーケティング系プラグイン

All in One SEO Pack

78_5

WordPressブログで集客を行うなら、必須中の必須ともいえる最重要のプラグインはこれ。

All in One SEO Packは、SEO関連の各種設定を総合的に行い、検索エンジンの検索結果に表示される内容を最適化できるプラグインです。
個別記事ごとにタイトルやメタタグを細かく設定することが可能。

WordPressは比較的SEOには強いと言われていますが、デフォルトのままだと不十分といえるので、サイトを立ち上げたら再優先で導入していきたいプラグインですね。

REF: All in One SEO Packのインストールと設定方法や使い方

Google XML Sitemaps

78_3

Google XML Sitemapsは、検索エンジンのクローラー向けにXMLサイトマップ「sitemap.xml」を作成してくれるプラグインです。

Google XML Sitemapsをインストールしておくと記事の公開や更新の度にサイトマップを自動生成し検索エンジンに通知してくれるので、効率的に検索エンジンにサイト更新情報を認識してもらうことが可能になります。

こちらも最初に導入しておきたい必須のプラグインですね。

REF: Google XML Sitemapsの設定|サーチコンソールにサイトマップを送信する

Contact Form 7

78_4

マーケティング目的でブログ運営するなら、サイト訪問者が運営者にコンタクトを取ることのできるメールフォームの設置は必須です。

Contact Form 7は、Wordpress初心者でも簡単にお問い合わせフォームやアンケートフォーム、応募フォームなどを作成することができるプラグインです。
チェックボックスやラジオボタン、メニュー等、さまざまなフォームの作成も非常にシンプル。

サイトの信頼性を高めるためにも、必ず最初に導入しておきましょう。

REF: Contact Form 7の基本設定|メールフォームの作り方と必要性

ユーザーに優しい♡UI&UX系プラグイン

PS Auto Sitemap

78_6

PS Auto Sitemapは、サイト構成を一覧で確認できるサイトマップページを自動生成してくれるプラグイン。

ブログの記事が増えていくと、ユーザーは目的の記事がどこにあるのか分かりにくくなってしまいます。
サイトマップページは目次のような役割を果たし、またサイトの構成が分かりやすくなるため、サイト訪問者が情報を見つけやすくなるうえ、トップページから2クリックで目的の記事に到達できるというメリットもあります。

サイトマップはユーザビリティの向上に非常に貢献してくれるものなので、かならず作成していきましょう。

REF: 目次生成プラグインPS Auto Sitemapの設定方法|サイトマップ作成

WordPress Related Posts

78_8

WordPress Related Postsは、記事下や任意の場所に関連記事を表示してくれるプラグインです。

テーマデザインの種類も豊富で、PC用とモバイル用に用意されているのが嬉しいところ。
関連記事は、その記事を読み終えた訪問者にサイトの内の他に記事にも誘導することができるので、サイト内循環率をアップすることが可能になります。

これはPV数や滞在時間も伸ばすことに繋がりますので、ぜひ最初に導入しておきたい必須のプラグインですね。

WordPress Popular Posts

78_9

Wordperss Popular Postsは、サイドバーなどに人気記事の一覧を表示させることのできるプラグインです。

サムネイル画像や閲覧数などもランキングで表示できるので、サイト訪問者の関心をひき、多くのページを見てもらえる可能性が高くなります。

検索エンジンから訪れたユーザーは、目的の記事を読み終わったあと人気記事へ流入することが非常に多いので必ず設置していきたいプラグインです。

Newpost Catch

78_11

Newpost Catchは、サムネイル画像付きでサイドバーに新着記事(最近の投稿)を表示できるプラグインです。

WordPressにはデフォルトで「最近の投稿」をウィジットに表示する機能がついていますが、これにはサムネイル画像を表示する機能がついていません。
画像があった方が訪問者からの注目度も高くなりますので、テンプレートにデフォルトでサムネイル付きの新着記事を表示する機能が付いていない場合はぜひ導入しておきましょう。

サクサクはかどる!作業効率化プラグイン

Akismet

78_2

Akismetは、Wordpressに最初からインストールされているプラグインで、記事のコメント欄に投稿されるスパムコメントを自動的に分類し排除してくれる機能があります。

WordPressブログを運営していると、どうしても増えてきてしまうのがスパムコメントですが、そのままだと毎日多くの迷惑なスパくコメントが届くので非常に煩わしいです。
Akismetは必ず有効化し、導入しておくようにしましょう。

REF: AkismetプラグインのAPIキー取得や設定方法|スパムコメント対策

TinyMCE Advanced

78_7

TinyMCE Advancedは、Wordpressの投稿画面(ビジュアルエディター)の機能を拡張し編集ボタンの種類を増やしてくれるプラグインです。

WordPressのデフォルト状態では文字の装飾やリンクの追加、表の挿入などの編集をする際はHTMLを操作しなければならず、初心者にとってはやや敷居が高いと感じられるかもしれません。
TinyMCE Advancedを導入すると、記事作成時によく使うボタンを作業スペースの上部に並べておけるので、テキストエディターでHTMLやタグを直接編集する必要もなく、直感的な操作が可能になります。

REF: TinyMCE Advancedで簡単に記事作成する設定方法と使い方

Auto Post Thumbnail

78_14

Auto Post Thumbnailは、記事のアイキャッチ画像(サムネイル)を自動で設定してくれるプラグインです。

公開記事一覧や、人気記事や最新記事の一覧には、閲覧者の反応をあげるためにサムネイル画像を掲載していきますが、このプラグインを導入すると記事本文の先頭に入れた画像を自動で設定してくれるので、設定の手間を省くことができます。
また、過去にアイキャッチを設定していなかった場合、このプラグインを導入することで、1記事ずつ設定することなくアイキャッチを全ての画像に設定することが可能になります。

Broken Link Checker

Wordpress,プラグイン,初心者

Broken Link Checkerは、サイト内の発リンクのリンク切れを一括チェックし、リンク切れを発見したらダッシュボードやメールで知らせてくれるプラグインです。

リンク先がいつの間にか閉鎖されていることも多く、このプラグインを導入していないとそれを見つけていくのは非常に困難になるので、特にアーカイブが増えていくほど必須の機能といえるでしょう。
リンク切れを起こしたまま放置してしまうと、ユーザーをがっかりさせてしまうだけではなく、SEOの観点から見ても非常に好ましくありません。
サイト運営においてはリンク切れには特に気をつけていきたいですね。

表示速度UP!サイト高速化プラグイン

EWWW Image Optimizer

78_10

EWWW Image Optimizerは、画像ファイルを最適化し容量を軽量化できるプラグインです。

画像の圧縮レベルは設定で指定することができ、個別処理や一括処理にも対応。
画質を落とさずに容量を軽くしてくれる点もとても良いですね。

画像を多用するとサイトが重くなる原因となるので、これを軽量化するとデータ転送量がセーブされページ表示が速くなります。
画像を使うことが多い場合は必須のプラグインです。

Lazy Load

78_13

LazyLoadはサイト内の画像の遅延読み込みを実装するプラグインです。

基本的にブラウザはアクセスがあるとサイトページ内の全ての画像を読み込みます。
しかし、ユーザーが見ていない部分まで読み込みを行うため、大量に画像が掲載されているページの場合、見られていない画像までのデータ転送を行った結果、ページ表示速度を著しく低下させることに繋がります。

LazyLoadを導入することで、スクロールに応じて順次画像の読み込みを行うため、データ転送量を節約でき、ページ表示速度の高速化が可能になります。