スマートフォンの普及に伴い、最近は携帯電話のキャリアメールの利用頻度に勢いがなくなり、近い将来、姿を消すのではないかともいわれています。
スマートフォンでGmailが利用できるようになったことで、Gmailの利便性の高さにより利用者が拡大し、ますます浸透してきている要因が大きいように思われます。

最近は、多くの人がGmailのアカウントを持っておりGmailを利用していますが、Gmailアカウントを持っていることでさまざまなGoogleのサービスを利用できるようになっていることは、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

また、ネットビジネスを行う上で、まず必須となるのがGoogleアカウントの取得ですので、ここでは、しっかりとGoogleアカウントを持つことでできることやメリットを確認しておきましょう。

 

Gmailとは

GmailとはGoogleが無料で提供しているメールサービスです。
いわゆるYahoo!が提供しているYahoo!メールや、MicrosoftのOutlook.comと同じく「フリーメール」というものですね。

Gmailの特徴は以下のとおりです。

 

大容量フリーメールサービス

Gmailは無料で使えるフリーメールでありながら、15GBの保存容量があります。

 

ウイルススキャン機能

メールの送受信時に、添付ファイルのウイルススキャンを自動で行う機能がデフォルトで搭載されています。

 

不正アクセス対策や迷惑メール対策が優れている

自分のGmailアカウントへの不正アクセスや不正利用に対する予防や対策機能が充実しており、不正なアクティビティがあった時にアラートメールで通知をしてくれる機能や、2段階認証の設定機能が搭載されています。
また、迷惑メールに対する機能も大変秀逸で、迷惑メールと思われるメッセージを自動的に判別し受信フォルダを経由せずにフォルダ分けしてくれるなど、利用者に手間と時間をとらせないような設計になっています。

 

複数のパソコンとスマートフォンで同じアドレスが使える

Gmailはデバイスに依存せず、複数台のPC、スマートフォン、タブレットで、同じメールアドレスを使用することが可能です。
また、既読情報やラベル付け、フォルダ分けなどの設定も、異なるデバイス間で同期されているので情報の一元化ができ、シームレスな管理を可能にしてくれます。

 

チャット機能

Gmailのユーザー間で利用できるチャット機能が備わっています。
テキストチャットの他、音声チャットやビデオチャットも利用できます。

 

一つのGmailアカウントで複数のメールアドレスを使える

通常一つのアカウントには唯一のメールアドレスが付与され、別名のメールアドレスを取得する時は、アカウントを別途新規申請しなくてはなりません。
Gmailには、一つのGmailアカウントで複数のメールアドレスを作成する「メールエイリアス」機能が搭載されており、一つのアカウントから複数のメールアドレスを使い分けることが可能です。

 

以上の点から、Gmailは非常に利便性が高く、活用度の高いフリーメールであることが分かるでしょう。
以前はフリーメールはセキュリティの点からも避けられがちでしたが、現在はセキュリティ面をはじめさまざまな機能が充実しており、安心して使えるほか、圧倒的な利便性により非常に普及率の高いフリーメールになっています。

Gmailは、Googleアカウントが提供するサービスの一つであり、Gmailを取得することでGoogleが提供しているさまざまなサービスを利用することが可能になりますので、ぜひ活用していきたいところですね。

それでは、Googleアカウントのメリットや機能についてご説明していきたいと思います。

 

Googleアカウントを取得すると他にどんなメリットや機能がある?

Googleアカウントを取得すると、Gmailの他さまざまなGoogleのサービスを利用することが可能になります。

 

Google+(SNS)

Google+(グーグルプラス)とは、ネット上のコミュニケーションを行うSNSツールの一つ。
SNSツールでは現在世界第2位のシェアを誇っています。

Google+上で最大9人同時にビデオチャットができる機能(ハングアウト)や、料理や楽器演奏のハウツー、勉強やメイクなどの授業をGoogle+を通して専門家から受けられる(ヘルプアウト)といったようなユニークなサービスが充実しているのも特徴です。

 

YouTubeアカウントを取得

YouTubeアカウントを取得すると、動画を配信することができるようなる他、視聴する側にとってもさまざまなメリットがあります。

再生した動画の履歴確認や、お気に入りへの登録、再生リストの作成など、より快適に視聴するための機能が利用できるようになります。

 

Google Analytics(アクセス解析)

Google AnalyticsとはGoogleが無料で提供しているWebページのアクセス解析サービス。
ネットビジネスを行う上で必須のツールとなります。

このツールを利用することで、サイトの特徴や現状の問題点を把握し、メディア運営の方向性に活用していくことが必須になります。

 

Googleウェブマスターツール(Search Console)

Googleウェブマスターツールとは、Googleが無料で提供しているWebサイトの管理者のためのツール。
現在、「Search Console」という名称になっています。

主に、

  • サイトのパフォーマンス管理
  • サイトパフォーマンスの最適化
  • SEO対策

の目的で使用し、メディア運営者には必須のツールになります。

 

Google アドセンスの利用

Googleアドセンスとは、Googleが運営しているクリック報酬型のアフィリエイトです。
Googleが提供する広告をブログに設置して、その広告がユーザーにクリックされると報酬が発生します。
アフィリエイト初心者はまず、このGoogleアドセンスから収益実績を構築していくのがオーソドックスです。

 

Googleドライブの利用

Googleが提供するオンラインストレージサービス。
インターネット上のストレージサーバにファイルを格納し、インターネット環境下の複数のデバイス間でファイルの共有が容易になります。
容量は無料で15GB、有償でアップグレードすれば最大30TBまで容量を拡大することもできます。

最大の特徴は、Webブラウザ上で文書の作成や編集ができるということ。
Googleドライブには編集ツールがWebアプリとして搭載されているので、Webブラウザー上で文書ファイルの操作が可能になっています。

搭載されている編集ツールは以下のとおり。

  • ワードプロセッサー(文書作成)
  • 表計算(スプレッドシート)
  • スライド(プレゼンテーション)
  • ドローイング(図形描画)
  • 入力フォーム

これらWebアプリは機能面でも非常に充実しており、これが無料で使えるというのはかなりの驚きものです。
ネットビジネス運営上でも活躍するシーンは非常に多いでしょう。

 

Gmailアカウントの新規取得手順

それでは、早速Gmailアカウント(Googleアカウント)を新規取得していきましょう。

まず、Googleアカウント新規作成画面にアクセスしてください。
「Googleアカウントの作成」という画面が開きます。

このような画面ですね。

72_2

「Googleアカウントの新規作成」とありますが、GoogleアカウントがGmailのアカウントになります。


次に必要事項を入力していきます。

72_3

■ 名前とユーザー名
名前に「姓」と「名」を入力し、ユーザー名を入力します。
ここで入力したユーザ名がメールアドレスアドレスで使用され、@の前の部分に合致します。

■ パスワードを作成
パスワードは8文字以上の任意を文字を組み合わせて入力してください。

■ 生年月日
生年月日の修正は後から行うことができません。
変更する場合は身分証のコピーの提出が求められるので正確に入力してください。

■ 携帯電話と現在のメールアドレス
この2つの項目は任意となります。
設定をしておくと、パスワード忘れや不正なアクセスがあった場合、通知が届くようになっています。
セキュリティ強化の面からも設定しておいた方がいいでしょう。

■ テキストを入力
*「ロボットにより登録でないことを証明」にはチェックは入れないでください。
自動登録防止のための文字入力確認です。
画像に表示されている数字を入力します。

■ 国地域は「日本」を選択。

■「Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します」にチェック。

 

入力事項が正しく入力されていることを確認したら、最後に「次のステップ」をクリックしてください。


72_5

 

「ようこそ!」画面が表示されたらアカウント取得は完了です。